絶対に検索してはいけないNBA怪我情報BEST3


【スポンサーリンク】



バスケットボールの最高峰と呼ばれるNBA

派手なダンク、美しい弧を描く3P、華麗なボールハンドリング、トリッキーなパス、激しいリバウンド争い、試合の流れを変えるブロックなどなど。

たくさんの素晴らしいプレーが一試合の中に詰まっているのがNBAの魅力のひとつ。

しかし、時には残酷なシーンの目撃者になってしまうことも…

oaY1i_EZkJ1M_hC1465576553_1465576742

そこで今回は「絶対に検索してはいけないNBAの怪我情報BEST3」と題してまとめてみました。

  • 絶対に検索してはいけない5つのサッカー情報

  • 「リビングストン 怪我」



    2015-16シーズンにNBA史上最多勝となる73勝を達成したゴールデンステイト・ウォリアーズ。

    2015年のNBAチャンピオンの勢いは留まることを知りませんでした。

    ウォリアーズのベンチを支えているのが11年目のショーン・リビングストンです。昨シーズンに続いて今季もステフィン・カリーのバックアップガードを見事に努めました。

    今がキャリア最高の時期であることは間違いないでしょう。しかし、ここまでたどり着くまで道のりは過酷なものでした…。

    マジック・ジョンソンの再来と騒がれた逸材は2004年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明し、全体4位でロサンゼルス・クリッパーズから指名されました。

    201cmの長身ながら体重が80kg前後しかない細身の体型。体ができていないため怪我の危険性は周囲から指摘されてきた問題でした。

    そして、2007年2月にあの悲劇が…

    なんでもないレイアップで着地に失敗し、左膝が信じられない方向にぐにゃりと曲がってしまったのです。

    YouTubeで「リビングストン 怪我」と検索してみますか?

    ショッキングな映像のため確認は自己責任でお願いします。心臓が弱い人は絶対に検索してはいけません!

    一般的には前十字靭帯を断裂しただけでも大怪我といわれるのに、リビングストンの場合は左膝の前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靱帯を断裂

    膝を支える4本のうちの3本を失ってしまったわけです。選手生命が絶たれるどころか、後遺症がなく歩けるかどうかというくらいの大怪我。

    この重症でクリッパーズから放出され、マイアミ・ヒートで奇跡のカムバックを果たしたもの…。

    オクラホマシティ・サンダー、ワシントン・ウィザーズ、シャーロット・ボブキャッツ、ミルウォーキー・バックス、キャバリアーズ、ブルックリン・ネッツとチームを転々とするキャリアになってしまいました。

    そして、ようやくウォリアーズで成功をつかんだのです。

    「ポール・ジョージ 骨折」


    Paul Georgeさん(@ygtrece)が投稿した写真


    近年のNBA選手の大怪我といえば、インディアナ・ペイサーズのポール・ジョージの骨折でしょう。

    あまりにも衝撃的な画像や映像を目撃してしまうためポール・ジョージ 骨折は絶対に検索してはいけません!

    2014年8月、スペインで開幕するFIBAバスケットボール・ワールドカップを目前に控えたアメリカ代表チームのエキシビションで負傷

    ジェイムス・ハーデンのレイアップをブロックしようと勢いよくジャンプしたポール・ジョージはゴールの支柱に足をぶつけながら着地したところ…。

    右足の脛がとんでもない方向に曲がってしまったのです。腓骨と脛骨の開放骨折で完治まで1年かかるという重症を負いました。


    でも、NBAの若きスター選手はすぐにリハビリにとりかかり2014-2015シーズンの終盤に復帰。なんと8ヶ月でコートに戻ってきたのです。

    Paul Georgeさん(@ygtrece)が投稿した写真


    そんなポール・ジョージの骨折シーンはもう見たくない映像のひとつ。血の気が引いてしまうので絶対に検索しないように!

    「デリック・ローズ 怪我」



    デリック・ローズはシカゴ・ブルズに所属するPG。

    2008年のドラフトでシカゴ出身のローズは地元に本拠地を置くブルズから全体1位指名されNBA入り。

    1年目からチームのエースとして活躍し、ドラフトの順位にふさわしいパフォーマンスを披露しました。

    そして、2010-2011シーズンには史上最年少となる22歳6ヶ月でシーズンMVPを受賞。若くして名実ともにNBAのスーパースター選手になったのです。

    しかし、悲劇は2011-12シーズンのプレーオフ1回戦で起こりました。フィラデルフィア・セブンティシクサーズとの第1戦の残り1分22秒。



    ドライブした際にバランスを崩して着地に失敗。左膝を激しくひねり、そのまま起き上がることができませんでした。

    左膝前十字靭帯断裂。全治までに8~12ヶ月かかる大怪我を負い、翌2012-13シーズンを全休

    2013-14シーズンのプレシーズンで復帰を果たしたものの11月に右膝の半月板を断裂。再びシーズン全休することに…。

    以降、全盛期のような輝きはありません!NBAファンからすると現在のローズのプレーぶりはかなりさみしいもの



    このキレッキレのドライブや豪快なダンクを見られる日は来るのでしょうか?

    デリック・ローズ 怪我」は非常に残念な出来事なのであまり検索しないでください。

    最後に


    負傷の瞬間の映像は何度見ても寒気がします。

    気軽に検索してはいけません。

    【スポンサーリンク】



    【関連記事】




    コメントを残す

    このページの先頭へ