埼玉のローカルチェーン「ロヂャース」の弁当が安すぎ!189円のチキンカツ弁当を食べてみたら普通においしかった。


【スポンサーリンク】



埼玉県発祥のスーパーマーケットってけっこう多いんですよ。「マルエツ」や「ヤオコー」、「ベルク」、「マミーマート」などがそうです。

みなさま、ご存じでしたか?

そして、埼玉でめちゃくちゃ安いスーパーといえば「ロヂャース」です。食料品だけじゃなくて、日用品をはじめ衣類や家電など生活に必要なものがすべてそろいます。

埼玉のローカルチェーン「ロヂャース」①

元は旧浦和市(現:さいたま市桜区)の新大宮バイパスと埼大通りの埼大通り交差点付近(後の浦和店)に1972年開かれたボウリング場「ロヂャースボウル」である。

しかしボウリングブームが急激に去ったことに伴い、数ヶ月後の1973年1月に「ロヂャース浦和店」を開店し[2]、小売業に転換した。「日本最初のディスカウントストア」と自ら謳い、当初は豪華景品の仕入れを基礎として、ごく簡単な改装(ボウリング場のレーンの上に床板を張っただけで、2005年の大規模改築まで屋上にはピンが設置されていたほど)での出発であった。

参照:ロヂャース (小売店) – Wikipedia


ボウリングのピンが首都高からみると、まー目立っていたんですよ。小学生ながら、どうしてロヂャースの屋上にボウリングのピンが置いてあるのかと疑問に思っていました。

時を経て謎が解決しました。

で、僕は埼玉県発祥のローカルチェーンスーパーの話をしたいわけではありません。僕はロヂャースの激安弁当の話がしたいのです。

税抜189円でお弁当が買える


僕は過去にスーパーのお弁当をたびたび取り上げています。西友の284円シリーズは安くてボリュームがありましたし、OKストアのお弁当も安くておいしいものばかりです。

だけど、ロヂャースはさらにすごいんですよ。何と言っても、価格が他のスーパーとはちょっと違います。

ロヂャースには税抜189円で買えるお弁当があるのです。僕が食べたのはこれ!

ロヂャースの「チキンカツ弁当」①

チキンカツ弁当」です。見た目は価格相応かもしれません。が、味はどれも一級品なんですよ。

ロヂャースの「チキンカツ弁当」②

チキンカツはジューシーで衣がサクサク。パサパサで味気ない肉ではありません。普通においしいんです。きんぴらはシャキシャキで、ちくわ天もベチャベチャしていません。しかも、ご飯の量もけっこうあります。

ただ、漬物はまずい…。妙な甘さがあって苦手、僕の好みではありません。

トータル的には大満足です。このクオリティで税込204円とは驚きましたね。

終わりに


ロヂャースには、税抜189円シリーズのものをはじめ、安くておいしそうなお弁当がたくさんあります。埼玉県民のみなさま、お近くにロヂャースがあったら、お弁当コーナーを一度じっくりご覧になってみてください。たぶん、あまりの安さに驚くと思います。

全国各地のローカルスーパーを調べてみるのもおもしろそうですねえ。やってみたいことがどんどん増えていきますよ。まだまだ死ねませんなあ。笑

■店名:ロヂャース
■商品名:チキンカツ弁当
■価格:税抜189円

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ