「サッカー」の記事一覧

スポンサーリンク



なぜ、サッカーの基礎を4対4のミニゲームで学ぶのが重要なのか?

サッカーの練習方法「4対4のミニゲーム」①

プレ・ゴールデンエイジと呼ばれる4〜8歳は、サッカーの基本を吸収しはじめる最適な時期です。 この年代は、言葉で説明されたことを理解するのではなく、実際に体を動かして何事も学んでいくもの。 ドリブル キープ パスやシュート・・・

幼児年代のサッカー指導はゲームが中心!適した人数やピッチのサイズは?

img_2220

私が、幼児年代のサッカー指導において大切にしているのは、ゲームをエンジョイすること。 子供たちにとって、いちばん楽しい練習はゲームです。 ゲームを通じて「ボールを追いかけて楽しい」「ゴールを決めたら嬉しい」といった体験が・・・

子供の運動音痴を防ごう!幼児期までにコーディネーション能力を鍛える。

kids_oitekibori

子供の運動能力の低下が嘆かれている昨今。 野球やサッカーを習っているにもかかわらず、運動神経があまりよくない子供をたくさん目撃してきました。 これは、コーディネーション能力の低下が原因といえるでしょう。 コーディネーショ・・・

幼児のサッカー指導は遊びながら楽しさを伝えることが大切。

infant1_a28

幼児のサッカー指導は忍耐である! サッカーの指導現場にいると、やる気がない子や言うことを聞かない子に対して、コーチや保護者などがイライラを我慢できず怒っている場面を目撃します。 その気持ちはわかります。でも、グッと堪えて・・・

ストリートサッカーで自発的に学ぶ。日本に必要な環境ではないか?

img_2230

私が小さい頃には、すでにスーパーファミコンやゲームボーイといったゲーム機が普及していました。けれど、遊びといったらまだまだ外遊びが中心でした。 鬼ごっこや遊具などを使って遊んだりもしましたけど、私の場合は、公園に集まって・・・

トーキックで限界を感じたら…。子供がインステップを覚えるタイミング!

サッカーを始めたばかりの子供は、だいたい足のつま先を使う「トーキック」でボールを蹴ります。 いきなりインサイドやインステップでボールを蹴る子供はいないでしょう。 自然な歩くフォームでボールを蹴れば、つま先にしか当たらない・・・

サッカーの両利きは大きなメリット!プレーの選択肢が圧倒的に広がる。

dlyg2qm1ubuujoe1480487605_1480487643

サッカーやフットサルにおいて、いわゆる良い選手とは引き出しを多く持っている選手のこと。 利き足だけしか使えない選手は、両足を遜色なく使える選手に比べ、どうしても引き出しの数が少なくなります。 左足でシュートを打てばいい場・・・

スポンサーリンク



このページの先頭へ