「サッカー」の記事一覧

スポンサーリンク



歩く姿勢を正しくすれば、運動神経は良くなる。

背筋をピンと伸ばして歩いている人は、それだけでかっこよく見えます。 欧米人やモデルの歩き方を思い浮かべてみてください。 特に、アスリートは胸を張って堂々と歩いている印象があるでしょう。 歩くという動作はスポーツにおいても・・・

NBAも提言!少年期に複数のスポーツをやれば運動神経は良くなる。

少年期に取り組むスポーツを1つの種目に限定するのは好ましくありません! できるだけ多くの競技をプレーすることで、運動神経を大きく伸ばすことができるのです。 日本では、野球なら野球だけ、サッカーならサッカーだけというように・・・

スポーツの練習は量より質が大事!1日30分で年間約180時間。

スポーツは、練習をちゃんとすれば、確実にうまくなります。 しかし、ただ長い時間、練習をすればいいというわけではありません! 上達のコツを知っているかどうかは、成長の速度に大きな違いになるでしょう。 そして、上達のコツがわ・・・

ウォーミングアップの重要性。試合開始直後の息切れの原因は?

運動を開始して、すぐに息切れをしたことはありませんか? 私は、サッカーの試合が始まってすぐにハアハアと息が切れて苦しい体験を何度もしたことがあります。 特に、寒い時期は動き始めがキツくて、体が温まって、心拍数が安定するま・・・

なぜ、サッカーの基礎を4対4のミニゲームで学ぶのが重要なのか?

プレ・ゴールデンエイジと呼ばれる4〜8歳は、サッカーの基本を吸収しはじめる最適な時期です。 この年代は、言葉で説明されたことを理解するのではなく、実際に体を動かして何事も学んでいくもの。 ドリブル キープ パスやシュート・・・

幼児年代のサッカー指導はゲームが中心!適した人数やピッチのサイズは?

私が、幼児年代のサッカー指導において大切にしているのは、ゲームをエンジョイすること。 子供たちにとって、いちばん楽しい練習はゲームです。 ゲームを通じて「ボールを追いかけて楽しい」「ゴールを決めたら嬉しい」といった体験が・・・

子供の運動音痴を防ごう!幼児期までにコーディネーション能力を鍛える。

子供の運動能力の低下が嘆かれている昨今。 野球やサッカーを習っているにもかかわらず、運動神経があまりよくない子供をたくさん目撃してきました。 これは、コーディネーション能力の低下が原因といえるでしょう。 コーディネーショ・・・

スポンサーリンク



このページの先頭へ