千葉で潮干狩りを激安で楽しめる「ふなばし三番瀬海浜公園」バーベキューもできますよ。


【スポンサーリンク】



この間、千葉県の船橋市に行ってきました。

千葉県民の友人に「海でも撮りたいなあ」と言ったら「東京湾なんだけど潮干狩りできる浜がありますよ」と教えてくれたので、さっそく足を運んでみた。


埼玉県民の僕にとって、潮干狩りはあまり馴染みのないレジャーです。中学の社会科見学で体験した記憶しかありません。

海が身近なところにあるか、ないか、という大きな環境の違いを感じましたね。

で、友人が連れてきてくれたのが「ふなばし三番瀬海浜公園」です。

調べてみると、都心から一番近い人気の潮干狩りスポットであることがわかりました。たぶんですけど、僕みたいな埼玉県民もたくさん訪れているんでしょうね。

とてもいいところだったので紹介します。

500円以下で潮干狩りを楽しめる

ふなばし三番瀬海浜公園では、激安で潮干狩りを楽しめます。なぜなら、入場料さえ支払えば、いそいそと砂をほじくることができるからです。アサリを持ち帰らなければ出費はそれだけ。

【料金】
大人(中学生以上):430円(税込)
子供(4才以上) :210円(税込)
※アサリのお持ち帰り料金は別途、100gにつき80円(税込)

【貸クマデ】
1本200円 (返却時100円返し) (税込)

【ロッカー】
1回200円 (お帰りの時100円返し) (税込)

【アクセス】
JR船橋駅南口、京葉線二俣新町駅(徒歩5分 バス停「二俣新道」)より、京成バスシステム「船橋海浜公園」行き終点下車。


大人(中学生以上)が430円(税込)、子供(4才以上)が210円(税込)とかなり激安。アサリの持ち帰り料金は別途100gにつき80円(税込)かかるので注意。

通常は2kg分の持ち帰り料金が入場料に含まれているため、大人一人で1600円ほどかかることが多いです。

子連れの場合、親はそんなに率先して貝取らないと思うんですよ。子どもを見張りながら楽しむだけで1600円はちょっと高い。夫婦で3200円はかなり出費だし、それに子どもの料金がかかってくるとなると、潮干狩りはリッチなレジャーのようにも思えます。

ふなばし三番瀬海浜公園は、持ち帰り料金が含まれていないのでとても良心的。一人500円以下で楽しめる千葉のおすすめ潮干狩りスポットです。

※2015年の開催期間は4月17日(金)〜6月21日(日)までなのでもう終了しています。来年に期待!

バーベキューもできる

ふなばし三番瀬海浜公園では、バーベキューもできます。

千葉県でおすすめの潮干狩りスポット「ふなばし三番瀬海浜公園」

芝生の広場で潮風をあびながら、バーベキューがなんて最高ですね。海なし県の埼玉ではできません。

持ち込みもできるし、気軽にできるレンタルプランも充実しています。ただし、都心から一番近いということもあり、シーズン中はかなり渋滞するとのこと。

でも、最寄駅からかなり離れているので公共の交通機関を利用するのも微妙。だって、周辺が混雑するということはバスに乗ったって同じことになりますからね。

駐車場料金は500円とリーズナブルだけど、台数は200台分とこれもまた微妙。色々と考えると、ちょっと複雑な場所ですねー。

終わりに

ふなばし三番瀬海浜公園は、千葉県でも屈指の潮干狩りスポットであることがわかりました。

持ち帰らなければ、入場料だけで楽しめるというのは非常にいいですね。あくまでも個人的な意見ですけど、2kgもアサリなんていらないと思います。

アサリより潮干狩りをしたという体験が大切です。

来年は、船橋で潮干狩りを楽しんでみようかなーと思っています。



ふなばし三番瀬海浜公園
ジャンル:潮干狩り,バーベキュー
最寄り駅:京葉線二俣新町駅から2700m
住所:千葉県船橋市潮見町40番
駐車場:あり(有料)

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ