昔よくあった黄色いカレー!銀座「ろくさん亭 まかないカレー」。


【スポンサーリンク】



僕が小学生の頃でしょうか?「料理の鉄人」というバラエティ番組がやっていました。

料理よりもシェフの印象が強く残っていて、フレンチの坂井宏行、中華の陳健一、和の道場六三郎の名前はいまだに忘れません。

そんな道場六三郎のが主人を務めた銀座「ろくさん亭」の味を家庭で楽しめるようになっているのをご存じでしょうか?

銀座ろくさん亭 まかないカレー①

大塚食品の「銀座ろくさん亭」シリーズです。気になったので「まかないカレー」を食べてみました。

銀座ろくさん亭 まかないカレー


こだわりの鶏だしと炒めた牛肉で仕上げた和風カレー。「ろくさん亭」の味が生きたとっておきの一品。 化学調味料無添加。

引用:銀座ろくさん亭|大塚食品


銀座ろくさん亭 まかないカレーは1人前220g。カロリーは1人前202kcalとなっています。保存料や合成着色料、化学調味料は使っていません。小さなお子様でも安心して食べられます。

銀座ろくさん亭 まかないカレー②

黄色いパッケージにどこか懐かしさを感じます。

さて、こちらは箱に入れたまま加熱できる商品。フタをあけ、蒸気口が上になっているのを確認してレンジで2分。

お湯を沸かす必要がないので手間がかかりませんね。

昔ながらの黄色いカレー


銀座ろくさん亭 まかないカレー③

銀座ろくさん亭 まかないカレーは昔ながらの黄色いカレー。野菜がゴロゴロでインパクト大!

鶏だしの和風カレーということで、最近のデミグラス系のカレーとは全然違います。かなりマイルドです。中辛なのですが辛さは一切ありません!

銀座ろくさん亭 まかないカレー④

少し物足りなさを感じます。よく言えば「まろやか」だし、悪く言えば「味気ない」と思います。

スパイシーなカレーやデミグラス系のカレーに慣れた人はちょっと苦手かもしれません。ニンジンやジャガイモなどの素材は生きてましたけどね。

個人的にはたいめいけん茂手木シェフ監修のレトルトカレー「洋食屋さんのスパイスを効かせた懐カレー」のほうが好きです。



終わりに


時代の変化に伴い、人の味覚も変化していきます。

銀座ろくさん亭 まかないカレーは昔ながらの味を楽しめる昭和世代にとっては懐かしい商品なのでしょう。

スパイシーなカレーに慣れてしまった平成っ子には馴染みがない味だと思います。

まあ、食も文化なので楽しむことが大事ですよ。

■製造者:大塚食品株式会社
■商品名:銀座ろくさん亭 まかないカレー
■内容量:220g
■カロリー:202kcal

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ