【缶コーヒー・レビュー】伊藤園のタリーズ カフェラッテを飲んでみた。


【スポンサーリンク】



近年、スタバやドトールなどの有名なカフェのコーヒーの味を缶コーヒーで気軽に味わえるようになりました。しかも100円という非常に安価で楽しめます。

猿田彦珈琲監修の缶コーヒーも話題になりましたね。また、上島珈琲店のミルク珈琲の味をペットボトルで楽しめる時代です。

で先日、僕はコチラの缶コーヒーを飲んでみました。

伊藤園 タリーズのカフェラッテ

伊藤園が出しているタリーズのバリスタが監修した「カフェラッテ」です。

【参考記事】【缶コーヒー・レビュー】猿田彦珈琲監修のジョージア「プレミアムカフェラテ」っておいしいの?
【参考記事】上島珈琲店「ミルク珈琲」を飲んでみた感想。

伊藤園のタリーズ カフェラッテを飲んでみた感想


ショップクオリティーのコーヒーを提供するということでタリーズのバリスタがこだわったのはこの3つ。

①アラビカ豆
②国内焙煎
③コーヒー豆1.5倍使用


ミルクのコクに負けないコーヒー感を粗挽きと贅沢抽出で引き出したカフェラッテ。

うーん、明らかに苦そうだ…。僕のタイプの好みのカフェラテではありません。失敬、カフェラッテでしたね。やっぱりカフェラテとかカフェオレには、ほんのりした甘さとミルク感を僕は求めたいです。

予想通り苦い缶コーヒーなのでしょうか?

うまいの?まずいの?


さて、缶コーヒーのカフェラッテはというと…。

苦いです。カフェラッテなのに甘みを感じられません。ミルク感やまろやかさが全然ないです。アラビカ豆のコーヒーって苦いのが好きじゃない人には向いていないような気がしますね。

缶コーヒーとしてはまずい部類にはいるのではないでしょうか。決してうまいとは思えません!

タリーズのコーヒーは割と好きなんですけどね。バリスタ監修の割には微妙でした。

このクオリティだったら、コンビニの100円コーヒーのほうがいいですね。

■商品名:伊藤園「タリーズコーヒー カフェラッテ」
■内容量:170g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳たんぱく、乳化剤、安定剤
■100gあたりのカロリー:37kcal

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ