【缶コーヒー・レビュー】自販機限定のボス知ってる?マスターズコーヒーが微妙。


【スポンサーリンク】



日本人は限定という言葉に弱いです。希少性をアピールするだけで割と人は簡単に動きます。まったく日本人はちょろい生き物ですよ。

そんな僕も先日、限定という言葉に惑わされてものを買ってしまった日本人のひとり。情けない…。笑

ついつい買ってしまったものはコチラ!

自販機限定のボス「マスターズコーヒー」①

自動販売機限定で販売しているサントリーのボス「マスターズコーヒー」です。

普段あまり微糖タイプは飲まないんですけどね、人口甘味料が嫌いなので!けど、パッケージがいい感じだったので思わず購入。

というわけで、缶コーヒーレビューです。

自販機限定のボス


自販機限定ボスの発売日は2015年3月。豆と焙煎にこだわったマスターズコーヒーシリーズです。当時は、巷で少し話題になったらしい。オリジナルと微糖があるのですが、仕事場の近くの自販機には微糖タイプしかありませんでした。

缶がゴールドなのでプレミアム感がありますよね。ボス熟練の缶珈琲職人こだわりの逸品とのことで味には期待してしまいます。

では、セミスウィート気分を味わった感想です。

ボスの「マスターズコーヒー微糖」を飲んでみた感想


ボスのマスターズコーヒー微糖のお味は至って普通。おいしくもないし、まずくもないという感じです。微糖タイプらしい控えめな甘さに仕上がっています。苦みは程よくて、香りは強めです。

でも正直レインボーマウンテンのほうがおいしいですねー。わざわざ自販機限定にしてプレミアム感を出す商品ではありませんね。

やっぱり限定という言葉に惑わされてはいけません!笑

【参考記事】【缶コーヒー・レビュー】やっぱり定番はうまいなあ!「ボス レインボーマウンテンブレンド」

終わりに


よく考えると、このボスのマスターズコーヒー微糖タイプ値下げされていたんですよ。100円に!他のボスは130円だったけど…。ということは売れてないんですよね。まあ、安かったので後悔はしてません。

自販機限定のボスを見つけた時、買うかどうかはあなた次第です。

■商品名:サントリー「ボス マスターズコーヒー微糖」
■種別:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アスセルファムK)
■100gあたりのカロリー:19kcal

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ