【缶コーヒー・レビュー】45年間も愛され続けているUCCのミルクコーヒー。まとめ買いがお得です。


【スポンサーリンク】



甘い缶コーヒーといえば、ジョージアのマックスコーヒーを思い浮かべる人が多いと思います。私は、学生時代によく飲んでいました。

UCCミルクコーヒー【缶コーヒーを飲んだ感想】

そして、もうひとつ代表的な甘い缶コーヒーがあります。UCCミルクコーヒーです。とにかく甘いので、小さい頃でも問題なく飲めた缶コーヒーだと記憶しています。

とにかく甘いロングセラー商品

UCCのミルクコーヒーは、1969年に世界で初めて誕生した缶コーヒーです。パッケージもほとんど変わっていないロングセラー商品。45年以上も愛され続けてるって凄いです。やっぱり安心感があります。

UCCミルクコーヒーの感想は、とにかく甘いです。コーヒーの風味はあるけれど、コクはありません。ミルク感とはいっても、乳化剤で出した人工的なとろみ感が強いです。

私は箱買いしています。家にたくさんあるので先日、友人たちに配ったら、たまに飲むと美味しいという感想を頂きました。

この感想がとても的確で、UCCミルクコーヒーってたまに飲むと本当に美味しいんですよ。ただ、毎日飲み続けられるような缶コーヒーじゃないんです。甘すぎて頭がおかしくなります。

原材料の最初に砂糖の文字が書いてあります。コーヒーとか牛乳じゃないんですよ。徹底して甘さを追求しています。だから、体にはあまり良くない飲み物です。

UCCミルクコーヒーは、毎日飲み続けるのは辛いけど、たまに飲むと美味しい缶コーヒーです。

箱買いすると大変お得

箱買いは減りが遅いのでもうしません。ただ、UCCミルクコーヒーは箱買いすると非常に安いのです。スーパーや薬局などで安く買えても、80円台前半だと思います。

けど、Amazonで箱買いをすると1本あたり60円台で買えることもあります。やっぱり自販機で買うのは馬鹿らしいですね。



ちなみに、UCCのミルクコーヒーって、コーヒーでもコーヒー飲料でもないんです。乳飲料なんですよ。知ってましたか?

それでは今日はこの辺で。

■商品名:「UCC ミルクコーヒー」
■内容量:250g
■原材料名:砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤
■100gあたりのカロリー:44kcal

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ