上島珈琲店「ミルク珈琲」を飲んでみた感想。クセのある甘さと濃厚さが苦手だ。


【スポンサーリンク】



かねてから気になっていた上島珈琲店の「ミルク珈琲」を飲んでみました。

上島珈琲店「ミルク珈琲」ペットボトル版【コーヒー・レビュー】

これは、セルフカフェ「上島珈琲店」の人気メニューであるミルク珈琲をペットボトルで再現したものです。

店舗が近くになくて、行ったことがないので味の比較はできません。本格的な味を手頃な値段で楽しめるというのはお得感がありますね。

商品情報

正式名称「上島珈琲店 ミルク珈琲 PET270ml」は、2014年10月27日発売の商品です。すでに半年以上も市場に出回っています。

この商品は、ペットボトルが特徴的で270mlというのはあまり見かけないサイズです。

持ち運びに便利な形状とのことで、確かにバッグに入れてもかさばりませんね。午前中に仕事をしながら飲み切れるちょうどいい量です。

贅沢ミルクとこだわりの珈琲」がキャッチコピーになっています。

ミルク感、ほどよい甘さ、濃厚感などの楽しめるようにしているらしいのですが、実際に飲んでみると少し違う印象を受けます。

ミルク珈琲を飲んでみた感想

ミルク珈琲は、かなり甘い。すっきりした甘さではなく、本当に濃厚な甘さです。

ミルク感とほどよい甘さではありません。原材料を見ると理由がよくわかります。

ミルク珈琲の原材料

ミルク感以上のものを感じるのは、クリームの他にクリームチーズが入っているからだと思います。甘さも黒糖蜜が入っているせいか、後味がちょっとしつこい

特徴的な味わいの理由は、クリームチーズと黒糖蜜ではないかと疑っています。

カロリーは100gあたり61kcalとかなり高め。

30〜40代の男女がターゲット層になっているみたいですけど、こんな高カロリーでとろとろ、ベタベタしたコーヒーは好まない気がします。

また飲みたいなあとは思わないコーヒーでした。

■商品名:「上島珈琲店 ミルク珈琲 PET270ml
■種別:コーヒー飲料
■価格:146円
■内容量:270g
■原材料名:牛乳、砂糖、脱脂濃縮乳、コーヒー、植物油脂、乳糖、デキストリン、黒糖蜜、食塩、クリーム、クリームチーズ、乳化剤、カゼインNa、香料、セルロース、安定剤(カラギナン)
■100gあたりのカロリー:61kcal

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ