ゆっくり長く走る!ダイエットや疲労回復の効果があるスロージョギング。


【スポンサーリンク】



2016年は、ここ10年間で最もランニングをしませんでした…。

週末にサッカーをやっているので、体を動かしていないわけではありません。けど、ランニングからは遠ざかってしまいました。

理由は3つあります。

  • ランニングをやめても体型が維持できた
  • ダイエットをする必要がなくなった
  • 走ることがそこまで好きではない

  • ランニングをやめた理由は明確です。また、並行して音楽やラジオを聴く機会が減りました。

    でも、やっぱりのんびり走りながら音楽を聴いてリラックスする時間は必要な気がしています。

    というわけで、2017年はランニングのスタイルを変えて再開します。

    スロージョギング


    宇治橋
    ※京都府宇治市のような風景がきれいな場所を走りたい。(2012年3月に宇治川で撮影)

    体力強化が目的ではないので自分を追い込むことはしません。速く走ることもせず、時間を気にするのもやめます。

    私が実践するのは、長い時間をかけてマイペースで走る「スロージョギング」です。

    もともと「ローパワートレーニング」で体作りをしていたのですが、最近はそれもサボり気味…。

    【参考記事】ゆっくり走るだけ?スタミナが向上するローパワートレーニング。

    音楽を聴いて景色を楽しむことを目的とし、ランニングを再開します。

    実は、脂肪燃焼にはスローペースのランニングが効果的です。

    痩せる、お腹を凹ませるのが目的なら、スロージョギングをおすすめします。ゆっくり走って脂肪を燃やしましょう!

    やっぱり走り始めると、どうしても距離や時間を意識してしまうのが人間です。でも、ダイエットならそんなことを気にする必要はありません!

    ロング・スロー・ディスタンスとは?


    スロージョギングは、マラソンのトレーニングの一種です。

    Long Slow Distance(ロング・スロー・ディスタンス、LSD)は、ランニングやサイクリングにおいて有酸素持久力トレーニングの1形態を指す。LSDトレーニングにより、循環器系の機能、体温調節の機能、ミトコンドリアのエネルギー生産能力の向上、骨格筋の酸化容量の増加、燃料として脂肪を利用する割合の増加といった身体機能への影響がある。ドイツの医師でコーチでもあるエルンスト・ファン・アーケン(英語版)は、一般的に持久力トレーニングの方法としてLSDを確立した第一人者と目されている。

    引用:Long Slow Distance – Wikipedia


    一般的には、「ロング・スロー・ディスタンス」と呼ばれています。基礎体力が向上するので、ランニング初心者にもってこい。

    サッカーやフットサル、バスケットボール、テニスなど、急停止・急発進・ターンを繰り返すスポーツにも効果的です。

    短距離では、縮む速度は速いけどすぐに疲労する「速筋」、長距離では持久力はあるけど縮む速度が遅い「遅筋」が稼働します。

    この遅筋を鍛えると、体の隅々の毛細血管に酸素を行き渡らせることができるので、健康にもつながるのです。

    スロージョギングは、ラクだから無理せず続けることができるでしょう。

    疲労回復効果も期待できる


    若草山
    ※奈良県奈良市も自然が溢れているので走ると気持ち良さそう。(2009年8月に若草山で撮影)

    スロージョギングには、疲労回復の効果も期待できます。

    サッカー選手が試合の翌日に軽くランニングをして、コンディションを調整しますよね?

    これは、ランニングによる血液循環で疲労物質の排出を促すのが目的です。

    なので、激しい運動後には、スロージョギングのような体への負担が少ない運動が欠かせません!

    ちなみに、疲労物質はよく耳にする乳酸ではありません!活性酸素と疲労因子FF(ファティーグ・ファクター)と呼ばれるタンパク質です

    以下の骨盤力整体師さんが執筆した記事が参考になるので読んでみてください。

    参照:乳酸が疲労物質は間違い!? | 骨盤力®整体 真

    ただし、スロージョギングは多くのエネルギーを消費します。エネルギー消費量は、同じ速度のウォーキングの約1.6倍!

    疲労回復が目的でスロージョギングをする場合は、トレーニング後に食事でしっかり栄養を補給しましょう。そうしないと、疲れが思うようにとれません。



    アディダスのランニングシューズ、安いけどかなり走りやすいです。消耗品なので足に合うものなら安いもので十分!

    最後に


    体力がある人なら30分以上は走り続けられると思います。私は、だいたい1時間を目安に走っていました。

    今年は、60〜90分が目標です。ランニングマシンやトラックを走るのは飽きてつまらない。景色が良いところを走りたいと思っています。

    とりあえず、スロージョギングはダイエットや疲労回復、基礎体力向上につながるのでおすすめです。

    【スポンサーリンク】






    コメントを残す

    このページの先頭へ