疲れやストレスから解放される!生活のリズムを整える理想の習慣。


【スポンサーリンク】



日の出とともに起床し、熱めのシャワーを浴びて目を覚まし、美味しいコーヒーを淹れて、読書を楽しむ。

早起きは三文の徳!

なんて優雅な朝を過ごしたいと思うのですが、なかなか実行できません!何年も…。

KAZU886_hinodetomachi_TP_V
そう、僕は完全に夜型人間なのです。

朝のほうが集中力が高まるからクリエイティブな仕事ができるとよく聞きますけれども、一方で、夜のほうがアイデアが浮かんで仕事に没頭できるという人も当然います。

僕は、夜のほうが集中力が高まり、物事に没頭できるタイプ。

でも、朝方の生活に憧れているのも事実です。

そんなわけで、理想の生活を少し書いてみたいと思います。「思考は現実化する」らしいので。

規則的な就寝と起床時刻を心がける


決まった時間に寝て、起きるのが理想です。

なぜなら、朝、昼、夕方、夜の光や音を意識して生活すると、自律神経が無理なく働いて、概日リズムが自然と整うから

人間は日の出とともに起きて活動をはじめ、日の入りとともに寝るのが本来のリズムでした。

しかし、時代の変化によって不規則な生活になり、ストレスや疲れが溜まりやすくなったといわれています。

なので、睡眠の質に良い影響を与え、疲れを持ち越さない生活を送るために、同じ時刻に寝て、同じ時刻に目覚める習慣をつけたいのです。

朝目覚めたら日光を浴びる


TAKEBE160224090I9A0398_TP_V
日差しを感じて目が覚め、カーテンを全開にして日差しを浴びて伸びをする。

映画やドラマでよくあるワンシーン。あれ清々しくて憧れませんか?

で、実際に朝目覚めてすぐに日光を浴びるのはとても良いこと!

だから、寝る前にカーテンを少し開けておき、夜明けとともに光が差してくるようにするのがおすすめ!

わずかな日光を感じることで、眠りが少しずつ浅くなって目覚める環境が整います。

体が副交感神経から交感神経が優位な状態へと徐々にシフトしていくので、きっと良い目覚めになるでしょう。

朝のウォーキングやランニングが効果的な理由もココにあります。

【参考記事】日光浴が健康に及ぼす効果は?どれくらいの時間浴びればいいの?

昼食後の軽く昼寝をする


昼食後の軽い昼寝は、疲れがとれたり、パフォーマンスが向上したりとメリットが多い!

昼食後から15時くらいまでに15〜30分の昼寝をするのが理想です。

そんなに時間がとれない!という人は5〜10分ほど目を閉じるだけでも、ずいぶん違います。仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

瞑想もおすすめ!

昼寝は、静かな場所で夜の睡眠の質が落ちない程度の短時間がいちばん効果的。

疲労因子のFFが減り、疲労回復因子のFRが働きやすくなるので疲れがとれます。

疲労の原因物質、FF(ファティーグ・ファクター)とは?

疲れの原因物質として、長らく槍玉に上げられてきたのが「乳酸」です。しかし21世紀に入ってから、真の犯人が「FF(ファティーグ・ファクター)」というタンパク質の一種であることが分かりました。 疲れにくい体を作るためには、FFをいかに抑えるかがキーとなります。

傷ついた細胞を修復する「FR」とは?

生物の体はうまくできていますので、FFが発生した際には同時に疲労を回復するための物質も生まれます。それが「FR(ファティーグ・リカバー・ファクター=疲労回復因子)」です。

引用:疲労の原因物質、FF(ファティーグ・ファクター)とは?


座ったまま目を閉じるだけでも、視覚情報を遮断できて脳が休まりますよ。

寝過ぎはNG!くれぐれも気をつけてください。

【参考記事】仕事やスポーツにも効果あり!瞑想がもたらすメリットは?

夕方に軽い運動を行なう


ストレッチ
ストレッチやウォーキングなどの軽い運動には疲れを軽減する効果があります。

ストレッチをすると、全身の血流が良くなりますよね?

同様に、ウォーキングも血液やリンパの流れが促進され、健康的になります。

逆に、激しい運動は活性酸素を発生させるため、疲れの原因になるのでNG!

軽い運動を夕方に行なう習慣をつけることで、疲れにくい体質を手に入れることができるでしょう。

夕食は早めに済ませたい


150711039221_TP_V
就寝の直前にご飯を食べ過ぎてしまうと、消化器官が活発に働き始めてしまいます。交感神経が優位になって睡眠を妨げる原因に…

夕食は、なるべく就寝の2時間前までには済ませたいところです。

夕食は、こってりとしたメニューを避けて、低脂肪で消化の良い食べ物が理想!

【参考記事】寝る前の過ごし方が大事!今日からできる睡眠の質を良くする方法。

最後に


ここに書いた生活のリズムを整える理想の習慣を実現することができれば、疲れやストレスから解放されるでしょう!

やっぱり決まった時間に目覚めて、決まった時間に寝ることが大切。

早起きができないと、この理想の生活は難しい…。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ