おすすめ!アメリカ発のド定番ファッションブランド5選!


【スポンサーリンク】



ファッションにおいて自分の定番を見つけるのは大切なこと。

僕は、Tシャツにジーパン、シャツにジーパンといったシンプルかつラフなスタイルが好みです。だから、アメリカ発のブランドのアイテムがしっくりきます。

飾らないファッションを目指すならアメリカ発の定番ブランドは抑えておくべき!

-shared-img-thumb-UNI15052349sandiego03_TP_V

これさえ抑えておけば大丈夫、というアメリカンなブランドをまとめてみました。

リーバイスのジーンズ




1848年にアメリカ西海岸でゴールドラッシュが始まり誕生したリーバイスのジーンズ。

ポケットをリベットで補強した丈夫なジーンズは一攫千金を目指す男たちの作業着として活躍しました。

1980年代に「501」とナンバリングされたジーンズは今もなおファッションの定番として愛され続けています。

Tシャツにもパーカーにも合うリーバイスの「501」はあると便利なアイテムなので、一本は持っていて損はないでしょう。

ディッキーズのワークパンツ




1922年にアメリカのテキサスで創業したワークウェアブランド「ディッキーズ」。

1950年代にアメリカで大人気となったワークパンツ「874」が代表的なアイテム。

新品は糊の利いたパリッとした状態なのですが、履き込めば履き込むほど馴染んでいきます。

カーキが定番カラーだけどネイビーも捨て難い!ブラックもフォーマルな感じで使い勝手がいいと思います。

ディッキーズのワークパンツはポロシャツやシャツに合わせるといいですよ。

チャンピオンのスウェット




アメリカの老舗スポーツブランドといえば「チャンピオン」。

そして、いつの時代も定番アイテムとして愛され続けているのが「リバースウィーブ」のスウェットです。

リバースウィーブは、洗うと生地が縮んで着丈が短くなってしまう従来のスウェットの欠点を、生地の向きを変え、リブを挟むことでデザインを損なうことなく解消しました。

定番のカラーはやっぱりヘザーグレーです。夏以外は使えるのでかなり重宝するアイテム。

ニューエラのベースボールキャップ




1920年に創業したニューエラは、MLB唯一の公式選手用キャップオフィシャルサプライヤーとして、59FIFTYを筆頭にあらゆるプロダクトを世へ送り続けてきました。その伝統は時代や文化を超えて、スポーツやファッションなどの世界で広く知られるようになり、現在ではスポーツチームキャップのカスタムモデルや、数多くのブランドとのコラボレーションモデルが次々と誕生しています。

引用:PRODUCTS(プロダクト) | New Era Japan


やっぱりニューエラの定番は「NY」か「LA」です。ヤンキースというよりニューヨーク、ドジャースというよりロサンゼルスというイメージ。

ネイビーに白の文字はシンプルで街にもよく馴染みます。Tシャツやスウェットに合わせてラフに逆さに被るとおしゃれ。

カーハートのニットキャップ




シンプルで便利なカーハートのニットキャップはアクリル100パーセント。スポーティーな雰囲気満点でコーディネートのアクセントにも寒い時期のランニングにも最適。

90年代のストリートスタイルの定番で当時のスケーターやラッパーのユニホーム的な存在のアイテムです。

あえてロゴ見せないように裏返しで被られることが多かったのですが、今ではほとんどの人がロゴを見せて被っています。

ブランドロゴのみのシンプルなデザインもカーハートの魅力のひとつ。カラーバリエーションが豊富なのでお好みの色を探してみましょう。

最後に


どれも定番のブランドばかり。これらのアイテムを組み合わせれば、簡単にアメリカンでラフなスタイルが簡単に完成します。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ