ジーパンは洗う派?洗わない派?パンツ類のお手入れの方法はコレだ!


【スポンサーリンク】



ジーンズはどのくらいの頻度で洗濯しますか?

私は、履いたらすぐに洗います。洗わない派の人からすれば、信じられないことでしょう。

ジーパンの洗う頻度については、個人の考え方によって大きく左右すると思います。しかし、あんまりにも洗わないとジーパンの寿命を短くしてしまいます。

また、古着やヴィンテージのジーンズに関してはより慎重に扱わなければなりません。

ジーンズを洗うタイミング



ジーンズを洗う頻度は個人の判断です。しかし、定期的に洗わなければいけないのは間違いありません!

基本的に汚れたら洗濯をして清潔な状態を保つこと。汚れた状態のまま、ずっと履いていると生地が劣化し、ジーパンが脆くなります。

夏場は、汗や皮脂がつきやすいため、ちゃんと洗わないと生地も傷むし、臭いの原因にもなるので注意しましょう。

ジーパンの洗い方



ジーンズは洗濯する度に色落ちしてくるのが問題のひとつ。

ジーンズの色落ち

  • デニム専用洗剤の使用
  • 裏返して洗濯
  • 陰干し

  • などで対応します。

    デニム専用洗剤がない場合は、少量の洗剤で洗いましょう。

    逆に、ジーンズの色落ちを楽しみたい人は、何も気にせずガンガン洗ってください。

    古着やヴィンテージのジーンズの扱い方


    古着やヴィンテージのジーンズは、元からダメージを受けているものが多いので、なるべく洗濯の回数を減らしたい…。

    着用して汗をかいてしまったら裏返して陰干しすること。そして、しっかり乾燥させることにより、臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐことができます。

    臭いが発生したり、皮脂による汚れなどがひどい場合は裏返して洗濯します。

    表面の色落ちを防ぐテクニックなので覚えておくと便利です。

    パンツ類の基本的なお手入れの方法



    実は、ジーパンのお手入れはそれほど大変ではありません。

    スラックスやチノパンは、アイロンがけなどの手入れが必要になるので手間がかかります

    パンツ類の履いた後の手入れの仕方もまとめてみました。

    1. 洗濯するor生地を乾燥させる
    2. 乾かすorブラシで汚れを落とす
    3. アイロンのスチームでシワを伸ばす
    4. 型を整えてハンガーに掛ける

    ブラシで汚れが落ちない時は、洗剤をつけた布で汚れを拭き取りましょう。

    シワシワのスラックスやチノパンは、だらしなく見えるのでこまめな手入れが必要です。

    プリーツのあるパンツは、クリーニングに出してプロにお任せするのが賢明な判断

    パンツ類の収納方法は

  • 二つ折りに畳んで収納ケースやタンスにしまう
  • ハンガーに掛けてクローゼットにしまう

  • 収納する際は、折り目の日焼けには注意しましょう。





    最後に


    ジーパンを洗う頻度に正解はありません。

    しかし、定期的に洗濯をして、清潔な状態を保たないと生地を傷めてしまいます。洗わない派の人はその点だけ注意が必要です。


    【スポンサーリンク】





    コメントを残す

    このページの先頭へ