お気に入りのTシャツやスウェットの首元をヨレヨレにしない洗濯方法。


【スポンサーリンク】



Tシャツは、年間を通じて着用できる定番のアイテムです。半袖、七分袖、ロングスリーブなど、着こなしもいろいろ楽しめます。

さて、Tシャツのお値段はピンキリです。数百円で手に入るものもあれば、1万円以上するものもあります。

高いものだからといって、必ずしも丈夫というわけではありません…。手入れを怠ると、ワンシーズンでダメになってしまうこともあるでしょう。

そして、もうひとつ。着やすさと動きやすさが特徴のスウェットは、アメカジファッションや部屋着としても人気が高いアイテム

これらは使用頻度が高いアイテムなので、どうしても首元のヨレや生地の劣化も早いです。Tシャツやスウェットは洗濯の方法次第では、寿命が短くなる可能性もあります。

お気に入りのTシャツやスウェットを長持ちさせるためには、適切なケアを行う必要があるでしょう。

Tシャツのヨレを防ぐ洗濯方法



Tシャツは着ているうちに

  • 首元のリブの伸び
  • 黄ばみ

  • などが気になってくると思います。

    リブがヨレヨレになってしまったら、みっともなくて着れません…。

    Tシャツを洗濯する際は

  • 首元のリブ部分を輪ゴムでキツめに留めて洗う

  • と、リブの伸びを防止できます。古典的な方法ですが、これがいちばん効果的な方法です。

    Tシャツの黄ばみを落とす方法


    Tシャツの黄ばみは洗剤を入れた水を鍋で煮込んで落とします

    プリント部分がある場合、熱で溶けないように確認しながら煮込みましょう。

    黄ばみの原因は皮脂です。人は汗をかく生き物なので黄ばみを避けるのは難しい…

    Tシャツの黄ばみは、こまめなケアでを防ぐしかありません。

    スウェットの劣化を防ぐ洗濯方法



    スウェットは、主に洗濯により生地が劣化します。

    洗濯する際は、ネットに入れると生地の傷みを防ぐことができます。

    古着のスウェットは、生地が薄くなっているものが多いので、特に取り扱いに注意しましょう。

    余談ですが、古着のスウェットを購入する際は

  • 生地に決定的なダメージはないか
  • 汚れやすい袖口や肘の部分にシミはないか

  • を念入りにチェックすること。

    Tシャツやスウェットは、厚めのハンガーを使って干すと型崩れしにくいです。クリーニング屋などでもらう細いハンガーだと、跡がついたり、生地が伸びたりしてしまいます。

    洗い方や干し方に気をつけるだけで、スウェットの状態を保つことができます。





    最後に


    毎日、使うアイテムだからこそ、丁寧に扱うことが大切だと思います。

    Tシャツはリブを輪ゴムできつく縛って、スウェットはネットに入れて洗濯しましょう。

    衣類を長持ちさせるには、常に清潔な状態を保つこと。洗濯方法に気をつけて、寿命を延ばしましょう。


    【スポンサーリンク】





    コメントを残す

    このページの先頭へ