本革のバッグを思い切ってアクリル系ラッカースプレーで染めてみた。


【スポンサーリンク】



ポロ・ラルフローレン(Polo Ralph Lauren)のセカンドバッグの色を「染めQエアゾール」で塗り変えたことがあります。


チェック柄を大胆なブラックアウトに変更。気に入ったので、それからずっと愛用しています。

しかし、1年近く愛用していたら少し色が落ちてきました。うっすらとチェック柄が浮いてきて格好悪いです。

こちらのアイテムを染め直すついでに別の実験をしてみました。

本革のバッグはラッカースプレーで染まるのか?



倉庫から出てきたレノマ(renoma)の本革セカンドバッグです。

こちらのアイテムも真っ黒に変更します。


しかし、染めQの残量は残りわずか。確実に全体を染めきることはできません。

やむを得ず、アクリル系ラッカースプレーを代用してみることにしました。染めQは、ファスナーの布と金具を塗装するのに使います。


ブランデのロゴプレートをマスキングテープで保護し、大胆にスプレーを吹きかけていきます。コツは、少量をムラができないようにスーッースッと吹きかけていくこと。


アクリル系ラッカースプレーでも特に問題なく染まりました。染めQでファスナー部分を塗装すれば完成です。


乾燥後はこのような感じです。新品みたいなパリッとした手触りになりました。ザラツキやベタベタした感じもありません。

アクリル系ラッカースプレーだと光沢のある仕上がりになります。革を引っ張ったり、ねじったりしても塗装面は割れませんでした。

仕上がりに大満足です。

本革のバッグはアクリル系ラッカースプレーで染めることができます。とても簡単で安上がりなリメイク方法ではないでしょうか?

ただ、シンナーのにおいがしばらくします。持ち歩くのは少し時間をおいてからのほうがいいでしょう。





【関連記事】スニーカーはラッカースプレーで簡単に塗装できる。

最後に


このレノマのセカンドバッグは、実は中がボロボロです。寿命があまり長くはないので実験として使いました。

正直、染めQでリメイクしたカバンよりも仕上がりがいいです。

普通に持ち歩いていますが、塗装の剥げは今のところありません。

カバンの色を変える方法として、アクリル系ラッカースプレーもひとつの選択肢に含めてもいいのではないでしょうか?

ただし、仕上がりについては私は何も保証できません!自己判断でよろしくお願いいたします。


【スポンサーリンク】





コメントを残す

このページの先頭へ