色褪せたキャップがラッカースプレーで蘇る。驚きのリメイク方法。


【スポンサーリンク】



アディダス オリジナルスの総柄キャップ


学生時代にショップで購入したものです。所有期間は5年を超えています。

当時は、柄物が好きでかなりハイペースで被っていました。そしたら、どんどん色褪せて…。

そのまま放置していたら、さらに色褪せて紫のような茶色のようなよくわからない感じに焼けてしまいました。元はチャコールに近いグレーです。

ここまでくると、みすぼらしくて被れません!

ポップなデザインのアディダス オリジナルスのキャップ。気に入っていたので捨てるに捨てられないのです。

それならば、ゴミのようなものでも意外と売れてしまう「メルカリ」なら買い手が見つかるかもしれないと思い、1500円の強気の値をつけて出品。

いいね!が10近くついたものの、さすがのメルカリでもなかなか売れません!

こうなったら、ダメ元でクレイジーなリメイク方法を試してみました。

キャップをラッカースプレーで塗装



調べてみると、帽子をスプレーで染め直す人は世の中には結構いるようで。

その大半の人が使っているのは、写真右側の染めQエアゾールという商品です。質感が損なわれないのが染めQの最大の魅力でしょう。

しかし、染めQが空になってしまっていたので、アクリル系ラッカースプレーで代用するしかありません。


ダメ元でプシューッとスプレーしてみました。そしたら、思いのほか染まっていきます。みるみる光沢のあるブラックに変身!

スプレーのコツは手を止めずに薄く吹きつけていくこと


先ほどの色褪せた感じが嘘のようです。デザインもちゃんと浮かび上がっています。

重たくなった感じもありません。しかし、手触りがザラザラ、ゴワゴワになってしまいました。この化学物質まみれのものを頭に被っていいのか、という疑問も残ります。

でも、仕上がりには大変満足でございます。

染めQならもっとうまく染められたはずです。帽子の塗装はラッカースプレーではないほうがいいかもしれません。



【関連記事】染めQ要らず?スニーカーはラッカースプレーで簡単に塗装できる。
【関連記事】本革のバッグを思い切ってアクリル系ラッカースプレーで染めてみた。

最後に


私は、海や川に帽子を被ったまま入ります。オフシーズンのスポーツ選手の真似です。別にハゲているわけではありません。

着帽は髪型を気にしなくていいのでおすすめです。

というわけで、今年は黒に染め直したアディダス オリジナルスのキャップを持っていきました。水に浸けても色が落ちることはなかったです。

キャップは、アクリル系ラッカースプレーで蘇ります。色褪せて捨てどきかも…という帽子があるなら、この驚きのリメイク方法をお試しあれ!


【スポンサーリンク】





コメントを残す

このページの先頭へ