冷凍食品のお好み焼きはごっつ旨いが一番?けっこう海鮮感が強い…。


【スポンサーリンク】



冷凍食品のたこ焼きは、たびたび記事にしているのですが、お好み焼きはまだ記事にしていません。なので、冷凍お好み焼きの記事を書きたいと思います。しかも、コンビニの商品ではなくて、有名なテーブルマーク株式会社の商品です。

【参考記事】コンビニの冷凍たこ焼き対決!セブンとファミマどっちがうまい?

冷凍のお好み焼きで売上No.1?


テーブルマークの冷凍食品は人気があります。その中でも、たこ焼きとお好み焼きはおいしいと評判です。特に、冷凍食品のお好み焼きは、テーブルマークの商品がシェアNo.1らしいです。

お好み焼きは冷凍お好み焼きシェアでNo.1(インテージSRIによる、2010年6月~2012年1月の累計販売金額)、「にっぽんお好み焼協会」認定の製法を採用。

参照:テーブルマーク(Wikipedia)


豚玉、モダン焼き、ねぎ焼と色んな種類があります。しかし、関東のスーパーではなかなか売ってないんですよ。関東でよく見かけるのはこちらの商品ではないでしょうか?

テーブルマークのごっつ旨いお好み焼①

ごっつ旨いお好み焼のノーマルタイプです。メインの具材はいかとえび、いわゆる海鮮系のお好み焼き。

値段はだいたい250円前後で売られています。内容量は294g、カロリーは380kcalとなっています。ボリュームがあるのにカロリーは低めなので、軽めの食事にもってこいだと思います。

■海鮮系苦手だったわ…。

ごっつ旨いお好み焼は、ちゃんと紙のトレーに入っています。特製ソースとマヨネーズ風ソース、かつお節、あおさまで付いて至れり尽くせりな内容です。

テーブルマークのごっつ旨いお好み焼②

調理は電子レンジで温めるだけ。しかし、調理時間が500Wで約7分10秒、600Wで約6分40秒と長め。一人暮らしの方は電気代が気になるかもしれません。

貧乏臭い話はここまで。電子レンジから取り出した瞬間にいかとえびの臭いがぷ〜んと漂ってきます。僕、この臭いが少し苦手かも…。

で、ごっつ旨いお好み焼きは、外はしっかり中はふっくらとした仕上がりで「にっぽんお好み焼協会」認定のこだわり製法となっています。

テーブルマークのごっつ旨いお好み焼③

確かに外はしっかりした仕上がりなんですけど、中はふっくらというより少しビチャビチャしています。水気が多いです。

お味のほうも海鮮感が強い…。いかとえびがゴロゴロ入っているので、やっぱり独特な生臭さがちょっとあります。思っていた以上に海鮮系です。シーフードの類いが苦手な人はハマらないと思います。

【参考記事】ローソンの冷凍たこ焼はセブンと似てる?まあ製造者同じだからな。

終わりに


ごっつ旨いシリーズのお好み焼きは、冷凍食品ですがかなり本格的な仕上がりです。だけど、残念ながら僕の好みではありませんでした…。本当は、豚玉とかモダン焼きとかを食べたいんですけどね…。なかなか見つかりません。

関東で売っている確率が高いお店などがあれば教えてください!笑


■販売社:テーブルマーク株式会社
■商品名:お好み焼
■内容量:294g
■カロリー:380kcal

【スポンサーリンク】



【関連記事】




4 Responses to “冷凍食品のお好み焼きはごっつ旨いが一番?けっこう海鮮感が強い…。”

  1. 通りすがり より:

    海鮮系が苦手なオマエが正当な評価が出来る訳ネーべ!!!!!!

    日本人カヨ(笑)?

    寿司も食べれネーのカヨ

    • OFFICE SOME より:

      通りすがり様

      ご丁寧なコメントありがとうございます。そして、当ブログに正当な評価を求めて頂けるなんて光栄なことでございます。

      しかし、寿司が食べられないとは、私は一言も申し上げておりません。

      寿司好き=日本人
      寿司嫌い=日本人ではない

      非常に偏った考え方の持ち主ですね。そんなあなた様にも幸せが訪れますよう願っております。

      私は日本人らしく謙虚に慎ましく生きたいと思っております。

  2. たまyan より:

    ごっつ旨いのお好み焼きって6種類ありますよ。
    貴方の欲しい豚玉もあるし関西風もあるし、ググればすぐ出てくるんですけどねぇ。
    まして、店舗じゃなくてもウェブ上でも買えるでしょう。

    • OFFICE SOME より:

      たまyan 様

      コメントありがとうございます。

      テーブルマークのリンクをはっているくらいですから、何種類あるかは知っています。豚玉もネットで注文してまで食べたいとは思っていないのです。

      ところで、いったいこのコメントで何を伝えたかったのでしょうか?

コメントを残す

このページの先頭へ