足裏を使ったボールキープとドリブルで脱フットサル初心者!


【スポンサーリンク】



フットサル初心者は

  • インサイドでボールを蹴る
  • 足の裏でボールを止める

  • この2つの基本ができるようになったら、どんどんゲームをしましょう!

    敵がいる状態でこそ生きた技術が身につきます。それが上達へのいちばんの近道なのです。

    ただし、ゲームに参加する上で注意しておかなければならないことがあります。

    来たボールをやみくもに蹴ってしまう、初心者に非常にありがちなプレーです。

    これでは、せっかく練習したインサイドキックと足裏トラップの意味がありません!

    次にやることは、足裏を使ったボールキープです。

    【参考記事】フットサルのインサイドキックの練習は正しいフォームを身につけること。
    【参考記事】足裏トラップとルックアップの習慣がフットサルに必要な理由。

    足裏ボールキープ


    ボールキープは、次のプレーにつなげるために必要なプレーです

    足裏トラップをしたらそのままボールを踏み、落ち着いてキープしてみましょう。

    自分の足の裏でボールを押さえつけているわけですから、足元を確認する必要はありません!

    そしたら、どこを見るのか?

    ルックアップして周りをしっかり確認します。

  • 味方を探す
  • 敵のポジションを把握する
  • パスコースはいくつあるか
  • シュートコースが空いていないか

  • 常に足元にボールを置いておくことで、慌てずに次のプレーを選択する余裕が生まれます。

    だから、足の裏を使う技術はフットサルにおいて大切なのです。

    足裏ボールキープの練習方法


    足裏ボールキープは、考える時間を与えてくれます。

    というわけで、足裏でのボールキープを身につけてみましょう。

    パスやドリブルの練習と同じで、ボールキープの練習は足に感覚を覚えさせること。体の近くでたくさんボールにタッチしてなじませるしかありません !

    足の裏でボールを踏んでグリグリしたり、少し転がして止めるといった練習を繰り返してみましょう!

    利き足だけではなく、逆足も練習すること。

    初心者は、ボールを持っていると足元にばかり目がいってしまいます。すると、相手にすぐに寄せられて、いつの間にかボールをカットされてしまうことが多いです。

    最初のうちは、ボールを見ながらコロコロと転がしてもいいですが、慣れてきたら見ないで触ることを心がけてください。

    ボールキープの練習の時もルックアップが大事!

    体から離さずにボールを常に触っていれば、足は自然と感覚を覚えていきます。体からボールが離れないようになれば完璧です。

    【参考記事】サッカーの両利きは大きなメリット!プレーの選択肢が圧倒的に広がる。

    キープで有利な状況を作り出す


    ボールキープが上手い選手は、敵が足を出した瞬間に少しボールを動かすだけで簡単にかわしてしまいます。

    これは、ボールキープをしながら敵の動きをしっかり確認しているから。いわば「後出しじゃんけん」のような状況を作り出しているのです。

    また、足をどれだけ動かし、どのくらいの力でタッチすれば、ボールがどれだけ動くかを把握しているからこそ成せる業。

    自分の体を思い通りに動かし、ボールを意のままにコントロールするのは難しいですが、キープを習得すれば簡単に有利な状況を作り出せるようになります。

    足裏ドリブルでボールを運ぶ


    トラップやキープで足裏を使うことが多いフットサルでは、ドリブルでも必然的に足裏を使う頻度が高いです

    ドリブルでも足裏を上手く使えるようになれば、ボールを360度どの方向にでも正確に持ち出せるようになります。

    このテクニックがあれば、次のプレーに移る時にベストな場所にボールをコントロールできるので、プレー速度も断然速くなるでしょう。

    足裏ドリブルは、指の付け根あたりでボールを優しく撫でるイメージ

    最初は、体が先に進んでボールを置いていってしまいがちです。

    インサイドキックや足裏トラップと同様に、原因は足元を見すぎて前傾姿勢になってしまうため。そうすると、どうしてもボールよりも体が前に行ってしまいます。

    なので、上半身はしっかり起こして、首だけを曲げて足元を確認する習慣をつけましょう。これで安定したボール運びができるようになります。

    最後に


    足裏キープで落ち着いて状況を見極め、ドリブル、パス、シュート、いちばん有効なプレーを選択しましょう。

    ボールキープをすれば、当然、敵は寄せてきます。

    そこで、焦ってパスを出したり、適当に遠くに蹴ったりしないで、味方のフォローを待つことやそのまま足裏ドリブルでボールを運ぶことができるようになれば、脱フットサル初心者も近いでしょう。

    【参考記事】フットサルに絶対に必要な3つの「ディフェンスの約束事」とは何か?

    【スポンサーリンク】



    【関連記事】




    コメントを残す

    このページの先頭へ