まずい!と評判の吉野家の新メニュー「黒カレー」を食べてきた感想。


【スポンサーリンク】



2017年5月8日、吉野家がカレーをリニューアルしました。

「こく旨カレー」と「旨辛カレー」が終了し、15種類のスパイスを配合した本格ルーの「黒カレー」の販売を開始。

黒カレーの販売開始から2ヶ月が経ちましたが、評判は「うまい」「まずい」と賛否両論です

ずっと気になっていたので吉野家の黒カレーを食べてきました。

吉野家の黒カレー



あめ色玉ねぎ、トマトペースト、りんご果汁など、野菜と果物をベースに、15種類のスパイスをバランスよく配合した“本格ルー”で仕上げた、辛さと豊かな香りのカレーです。

引用:カレー|吉野家公式サイト


価格

  • 並盛:350円
  • 大盛:450円

  • カロリー

  • 並盛:579kcal
  • 大盛:693kcal

  • 吉野家の黒カレーはメニューの種類が豊富です。


  • チーズ黒カレー
  • 牛黒カレー
  • 半熟玉子黒カレー
  • 納豆黒カレー
  • カルビ黒カレー
  • 半熟玉子×チーズ
  • 牛×チーズ
  • カルビ×チーズ
  • 牛×半熟玉子
  • カルビ×半熟玉子
  • カルビ×牛

  • いろいろな組み合わせを楽しめます。

    それにしても、カルビ×牛はさすがに肉を乗せすぎではないでしょうか?

    今回は、まずシンプルに黒カレーを味わいたかったので並盛を注文しました。税込350円です。


    黒い器に黒いカレーが入ってきました。予想以上に黒かったです。

    具材がまったくと言っていいほど見当たらないです。サラッとしたルーの仕上がりなので具材が溶けているという感じもありません。

    15種類のスパイスを配合というだけあり、スパイシーな仕上がりです。ただ、辛いというわけではなく、野菜や果物の甘みや旨みがあるので食べやすい。

    個人的には、吉野家の黒カレーはうまいと思います。並盛だとボリューム的にちょっと物足りません。チーズや半熟玉子のトッピングが合いそうな気がします。



    外部リンク
    吉野家がカレーを15種類のスパイス配合の「黒カレー」に本日8日(月)リニューアル! 並盛350円~牛肉や納豆、半熟玉子、チーズトッピングも可能 – ネタとぴ

    最後に


    吉野家の黒カレーは本格的な仕上がりでした。

    牛丼チェーン店のカレーのクオリティは侮れません。

    吉野家の黒カレーは思わず、具をトッピングしたくなるシンプルです。「まずい」という意見もありますが、私はそうは思いませんでした。


    【スポンサーリンク】





    コメントを残す

    このページの先頭へ