原因は乾燥なの?頭皮のかゆみやフケを治す方法。

乾燥肌の症状を訴える人の多くは、かゆみやフケなど頭皮に悩みを抱えています。これは敏感肌やアトピー肌の人にもいえること。

もし頭皮のかゆみやフケでお悩みなら、一度シャンプーをやめてみるという方法を試してみるといいかもしれません!

乾燥によるひび割れが原因?

OZPA_948820141025151610_TP_V

頭皮が乾燥してかゆみやフケが出ているということは炎症を起こしている証拠。乾燥は、頭皮のバリア機能が低下している状態です。

肌は乾燥すると、目では確認できないほどの小さなひび割れができます。ひび割れにより、肌から異物が侵入しやすくなり…。

そして、肌は異物を排除しようとすることで炎症を起こします。この炎症がかゆみの原因です。

シャンプーをやめると、かゆみやフケなどの症状が治まる可能性があるのか?

それは、シャンプーに含まれている有害な成分の浸透を防ぐことができるから。さらなるダメージを避けられるのです。

フケはどうして出るのか?

皮膚は乾燥すると、カサカサになりますよね?

膝小僧に白い粉がふくように、頭皮も乾燥によってフケが出やすくなります。頭をポリポリとかいた時に白い粉のようなフケが出る場合は乾燥が原因の可能性が高いです。

さて、そもそもフケとは何なのでしょうか?

不潔なモノというイメージがありますけど…。

実は、頭皮が健康の状態ので人でもフケは出るもの。なぜなら、頭皮の表面にある表皮細胞は約1ヶ月ごとに新しく入れ替わるため。

そして、皮膚のいちばん表面にあるのが角質細胞。角質細胞は、表皮細胞が死んで角化した細胞で、皮膚を外界の刺激などから守る役割があります。

いま表面にある角質細胞も2〜5日後には自然にはがれて落ちて、新しい角質細胞と入れ替わります。こうして古くなってはがれ落ちた角質細胞をフケと呼びます。

したがって、頭皮が正常だとしても少しくらいフケは出るものなのです!

しかし、フケの大きさがバラバラだったり、ボロボロと皮膚が剥け落ちるような場合は、脂漏性皮膚炎の疑いがあるので、一度病院で診てもらいましょう!

シャンプーが乾燥の原因?

bath_a14

シャンプーに含まれている界面活性剤は、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。それが乾燥をまねく原因!

シャンプーをやめると、必要最低限の皮脂が常に頭皮に残るため、自然と乾燥しなくなります。だから、シャンプーを使わずに、水やお湯だけで髪を洗うと乾燥によるかゆみやフケが治る可能性が高いのです。

ただ、シャンプーをやめてからしばらくは、乾燥以外が原因でかゆみを感じることがあるでしょう!これは、発達した皮脂腺が縮むまでにそれなりの時間がかかるから。

皮脂腺が縮むまでは我慢必要です。

乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の人はシャンプーを一定期間やめて様子をみてみるといいかもしれません!

【参考記事】若者の薄毛の原因は界面活性剤?シャンプーのしすぎはよくないという噂。
【参考記事】頭皮に優しい洗髪?湯シャンによる臭いやフケ、かゆみの心配は?

汚れや臭いの心配は?

シャンプーをやめることに抵抗がある人もいるでしょう!

水やお湯だけでは汚れが落ちないのではないか、臭いが取れないのではないか、という不安が残るから

心配いりません!フケやホコリなどの汚れはシャンプーを使わなくても洗い流せます。もちろん、臭いの原因となる脂肪酸や過酸化脂質、アンモニアなどの物質も十分に流れます

シャンプー特有の良い香りを感じることはできなくなりますが、オイルや香水などを毛先につけて補いましょう。

最後に

夏なのに肌が乾燥して困るという人もいます。紫外線や洗いすぎなどが原因で乾燥しやすくなるのです。

シャワーを浴びるたびに、シャンプーや石鹸を使っていたら肌が乾燥するのも無理はありません。使用頻度を減らして乾燥を防ぎましょう。

確かに、シャンプーをやめると頭皮の乾燥が治まり、かゆみやフケなどの症状が改善します。

手軽にできる方法ですので試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 体臭や動脈硬化を防ぐ!ワインに含まれるポリフェノールの効果とは?

  2. お風呂は就寝前がおすすめ!睡眠の質を高める入浴法とは?

  3. 卵の黄身くらい真っ黄色の鼻水が出た!副鼻腔炎?原因は?

  4. 腸の健康状態がすべて!様々な健康法やダイエット法があるけど効果あるの?

  5. 効率よく体作りをするための基本!三大栄養素の働きを知ること。

  6. 風邪は薬を飲んだり、病院に行ったりしても治らないって本当?

  7. 睡眠の質の低下や薄毛の原因?寝る前の飲酒や喫煙が最悪な理由。

  8. 疲労は蓄積するもの。たった数分の仮眠と軽い運動でこまめに解消。

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP