毎日を快適に過ごすための秘訣!交感神経を刺激する朝の大事な習慣。


【スポンサーリンク】



不規則な生活や過度なストレス、運動不足、睡眠不足、は自律神経が鈍くなる原因になります。

当たり前のことですけど、自律神経を整えたり、活性化させたりするうえで規則正しい生活を送るのがいちばん。

特に、一日の始まりである朝は大事です。

では、健康かつ快適に過ごすために取り入れたい交感神経を刺激する朝の習慣とはどのような行動があるでしょうか?

早起きで交感神経を活性化


KAZU886_hinodetomachi_TP_V
基本は早起きです!

人間は、日の出とともに目覚めるというリズムを生まれながらにして持っている生き物。

睡眠中は副交感神経が優位な状態です。交感神経を優位な状態に持っていくためには、できるだけ日の出に近い時間に起きるような生活が理想的!

しかし、疲れている時や寒い時期は、1分でも長く寝ていたいし、少しでも長く布団の中にいたいと思いますよね?

ですが、心拍数と体温は起床とともに上がっていくもの。要するに、早く起きて交感神経を活性化する行動をとったほうが疲れがとれるのです。

最初は辛いですけど、早起きは頑張って慣れるしかありません!

新鮮な空気を吸って日光を浴びる


窓
朝起きたら窓を開け、新鮮な空気を吸い、日光を浴びる習慣を身につけましょう!

睡眠中は、呼吸の回数が少ないため新鮮を空気を吸うことで呼吸が刺激されます。また、外気による肌への刺激や光の刺激による脳の覚醒も交感神経が活性化しやすくなるのです。

コップ一杯の水を飲む


多くの人は、朝起きてすぐに水を飲むと思います。実は、コレ大事な習慣なんですよ!

一日の始まりのコップ一杯の水は大きな意味を持ちます。

目覚めの水は、腸管を刺激して体をシャキッと起こしてくれるもの。さらに、夜間の脱水状態を改善し、体の代謝を高める大事な役割があるのです。

朝食の食べ過ぎを防いだり、便意を促してくれたりと、さまざまな効果があります。

洗顔と歯磨き


N112_egaodehamigaki_TP_V
起床後の洗顔や朝食後の歯磨きもとても意味がある習慣です。

冷たい水を浴びると、脳や神経が刺激されてシャキッとします。

朝シャワーを浴びる人は、熱めのシャワーを浴びること。肌が刺激されて交感神経が優位の状態になりやすいです。

当たり前のことを習慣化させておくだけで、実は交感神経が刺激されてシャキッとして快適に過ごせるようになるもの。

できるだけ朝早くに目覚めて、副交感神経優位の状態から交感神経優位の状態にする行動をとりましょう!

【関連記事】疲れやストレスから解放される!生活のリズムを整える理想の習慣。



ペパーミントは交感神経を高める香り!目覚めのアロマオイルも悪くないですよ。

最後に


散歩もおすすめの習慣のひとつ

交感神経が覚醒し、体の代謝も高まります。交感神経には、発汗をコントロールする働きがあるため、汗をかくことで刺激されます

とにかく毎日を快適に過ごすには、自律神経のうちの交感神経を刺激するには朝の習慣が大事です!

  • 早起き
  • 新鮮な空気を吸う
  • 日光を浴びる
  • コップ一杯の水を飲む
  • 顔を洗う
  • 歯を磨く
  • 熱いシャワーを浴びる

  • 当たり前のことができなくなると、自律神経が鈍くなります。

    自律神経の乱れは、体調不良への第一歩ですので気をつけましょう!

    【スポンサーリンク】



    【関連記事】




    コメントを残す

    このページの先頭へ