鹿島臨海工業地帯は有数の工場夜景スポット。だけど撮影準備は周到に。


【スポンサーリンク】



最近、工場夜景の写真に興味がありまして。鹿島臨海工業地帯まで行ってきました。

鹿島臨海工業地帯は、全国でも有数の工場夜景スポットとして知られています。マニアが夜な夜な集まってくるそうです。


僕も初めての工場夜景の撮影だったので、とても楽しみにしていました。だがしかし、工場夜景の撮影は準備を周到にしないといけませんね。

鹿島臨海工業地帯の撮影スポット

鹿島臨海工業地帯は、鹿嶋市ではなく神栖市にあります。東関東自動車道の潮来ICから約15分。


有名な撮影スポットは「砂山都市緑地」。広い駐車場に公衆トイレ、自動販売機、ヤンキーの溜まり場としか思えません。

鹿島臨海工業地帯の撮影スポット「砂山都市緑地」
つるが気になるなあ。笑

整備された道を進んでいくと三菱化学や鹿島石油を中心とした工場夜景を一望できます。

他にも、神栖総合公園港公園が絶景の撮影スポットといわれています。


で、なぜ自分で撮った写真を貼っていないのかというと、準備不足で満足のいくものが撮れないと思ったので今回は断念しました。

砂山都市緑地(茨城県神栖市ホームページ)
神栖総合公園(茨城県神栖市ホームページ)
港公園(茨城県神栖市ホームページ)

工場夜景撮影の準備について

僕は基本的にコンデジとiPhoneで写真を撮っています。まあ、iPhoneで撮るのは突発的なときくらいですけどね。

僕が使っているコンデジはNikonの「COOLPIX S9400」です。小型かつ軽量、機動性に優れています。写真家の森山大道さんが使っているシリーズで定評があります。

Nikonの「COOLPIX S9400」は写真家愛用のシリーズ

僕にとってカメラは手に持つか、ジーパンの後ろポケットに入るくらいがちょうどよくて。だから、一眼レフは苦手なんですよ。ポケットに入らないし、首からぶら下げるのはスタイリッシュじゃないからどうもダメで。

でも、工場夜景の撮影には一眼レフが必須だと思いました。望遠レンズがあればなおよしという感じ。

友人はiPhoneで撮ろうとしていましたが、これはもう不可能に近い。ズームにも耐えられないし、夜間の撮影はかなり厳しいです。

あとは、三脚とリレーズがあるとブレが防げてより美しい写真が撮れると思いますよ。

日本有数の工場夜景スポット「鹿島臨海工業地帯」
試し撮りしたもの。フラッシュついているし。笑



Amazonデジタル一眼レフ売れ筋ランキング1位の商品です。ダブルズームキットが半額以下で買えますよ。購入は上記のリンクからどうぞ〜♪

終わりに

今回は、色々な意味で準備不足でしたね。暗くてコンデジの設定もできないし、三脚も忘れたのでテンションが下がってしまいました。おまけに体調不良でしたし。

ただ、鹿島臨海工業地帯の夜景は目でちゃんと見てきました。今度は涼しいときにチャレンジしようと思います。

空気が澄んでいる寒い時期のほうがよさそうですしね。それまでに一眼レフの購入を考えないといけません。

あっ、撮影スポットのロケハンは日中に済ませておくといいですよ。

鹿島臨海工業地帯は、日本でも有数の工場夜景スポットなのでおすすめです。



【茨城県神栖市】日川浜海水浴場は駐車場もシャワーも無料!お金がかからない良心的なビーチだ。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ