日清食品の袋麺「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」を食べてみた。


【スポンサーリンク】



台湾まぜそばといえば名古屋発祥のご当地グルメ

ですが、大岡山駅の近くにある「麺屋こころ」は東京に拠点を置く台湾まぜそばを食べられる有名なお店。

どうして東京で台湾まぜそば?」と思うかもしれませんが、麺屋こころの大将は台湾まぜそば発祥のお店といわれている「麺屋はなび」でしっかり修行を積んだお方。

台湾まぜそばの魅力を関東の人にも届けたいという想いのもと麺屋こころをオープンしました。今では、ちょっとした台湾まぜそばブームになっていますね。

さて、そんな話題の麺屋こころの味を家庭で食べられるようにしたのが日清食品の「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」。

日清食品「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」①

食べてみたのでレビューを書きたいと思います。

【カップ麺】ヤマダイの名古屋発台湾まぜそばでご当地グルメを学ぶ。

日清食品「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」


日清食品の「まぜ麺の匠 台湾まぜそば 2人前」は2016年2月29日発売の商品。

何でも現在は温かい麺に濃厚なたれをかけ豪快にまぜて食べる「まぜ麺ブーム」とのこと。名古屋発祥の台湾まぜそばをきっかけに首都圏でブームが巻き起こったそうです。

「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」は、鶏、豚、魚介の旨みと唐辛子の辛みを利かせたたれと、コシのある極太麺をしっかりとまぜあわせ、別添の特製魚粉で仕上げる旨辛でクセになる味わいが特徴です。麺には小麦ブランを配合しており、小麦本来の風味をダイレクトに感じていただけます。

引用:「まぜ麺の匠 台湾まぜそば 2人前」 「まぜ麺の匠 油そば 2人前」(2月29日発売) | 日清食品グループ


小麦ブランとは?

日清食品「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」③

小麦ブランとは 小麦の外皮の部分のことで、食物繊維や各種ミネラル分が豊富に含まれています。従来は、小麦粉として製粉される段階で白さを追求するためにあえて取り除かれていた部分でしたが、健康ブームをきっかけにその価値が見直されています。

引用:「まぜ麺の匠 台湾まぜそば 2人前」 「まぜ麺の匠 油そば 2人前」(2月29日発売) | 日清食品グループ


麺屋こころの石川琢磨氏ってどんな人?

引用:

名古屋発祥の台湾まぜそばをブームにした名店の一つである「麺屋こころ」店主。石川氏が提供する台湾まぜそばは、鶏、豚、魚介の旨みと辛さのバランスが絶妙で、一度食べたらやみつきになる味わいです。

「まぜ麺の匠 台湾まぜそば 2人前」 「まぜ麺の匠 油そば 2人前」(2月29日発売) | 日清食品グループ


まぜ麺の匠 台湾まぜそばはこんな感じの商品です。

作るのに手間がかかる


日清食品「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」②

袋麺とは言えども、台湾まぜそばは作るのに手間がかかります。麺をゆで、スープをお湯で溶かしてOKというわけにはいきません。

そう!具材にひと手間かけなければならないのです。豚肉をフライパンで炒め、液体たれで味をつけたり、ネギやニラをみじん切りしたり、卵黄を用意したりなど。

おすすめの具材

  • 豚挽肉(50g)
  • 卵黄(1個)
  • ネギ(適量)
  • ニラ(適量)
  • きざみのり(適量)

  • というわけで、「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」を買う時は具材も一緒に購入しておいたほうがいいですよ。

    感想


    日清食品「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」④

    こちらが日清食品の「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」です。

    日清食品「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」⑤

    麺はコシが強くて食べ応えのある極太麺。小麦の香りが強めです。

    味つけは辛口!かなり辛いです!唐辛子の辛さも強いのですが、それ以上にコショウのスパイシーな感じがけっっこうきます。

    ヒーヒー言いながらも完食しました。袋麺だけど、かなり本格的な台湾まぜそばを味わえたような気分です。

    税別343円ですので、1人前あたりのお値段は約185円。具材を含めても250円前後といったところ。非常に経済的な商品です。



    最後に


    僕はグルテンアレルギーのため「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」を食べた後に猛烈にお腹を壊しました。合う小麦と合わない小麦があるんですよね。

    非常においしかったんですけど…。

    油そばも食べてみたいのですが、お腹を壊しそうなのでやめておくとしましょう。

    ■製造者:日清食品
    ■商品名:まぜ麺の匠 台湾まぜそば
    ■価格:343円(税別)
    ■内容量:1人前当たり200g
    ■カロリー:606kcal

    【スポンサーリンク】



    【関連記事】




    コメントを残す

    このページの先頭へ