旭川らぅめん青葉のHPが超レトロ!銘店伝説「青葉」を食べてみた。


【スポンサーリンク】



都内でラーメン屋の「青葉」と聞けば、中野に本店がある「中華そば青葉」を思い浮かべるでしょう。

どこか懐かしさを感じる中華そば。青葉は都内近郊に店舗がいくつもあるので、関東の人はけっこう知っているお店ではないかと思います。

さて、幾度も登場しているアイランド食品の銘店伝説シリーズに「青葉」があったので食べてみたのですが、こちらは中野の味ではありませんでした。

  • 埼玉にある塩ラーメンの名店!銘店伝説「ぜんや」を食べてみた。

  • 銘店伝説の旭川らぅめん青葉


    旭川らぅめん青葉のHPが超レトロ!銘店伝説「青葉」を食べてみた。①

    パッケージをよく見てください!「旭川らぅめん青葉」の文字があります。

    調べたら出てきました!



    渋い!旭川らぅめん青葉のHPです。かなりレトロな仕上がり。

    「青葉」は昭和22年、初代村山吉弥が屋台から始めました。豚骨、鶏ガラの他に利尻昆布、鰹節、煮干し、各種野菜を入れ、沸騰させずに弱火で煮出したスープは、二代目村山敏久、三代目村山有一が、創業当時のやり方を頑なに守り続けています。

    HPより引用


    約70年も続いている店の味。中野の中華そば青葉と比べものにならないほど歴史があります。ビックリ!

    旭川ラーメンといえば、「醤油」ラーメンが主流。

    北海道には大きく分類して、札幌、旭川、函館とそれぞれ特徴をもったラーメンを生み出しました。札幌は「みそ」、函館は「塩」、そして旭川は「醤油」…。

    札幌ラーメンが全国的ブームになる以前から、この旭川で醤油を主流とするラーメン文化が脈々と息づいていたのです。

    HPより引用


    というわけで、銘店伝説の青葉は中華そばではなくて旭川ラーメンですよ。

    感想


    旭川らぅめん青葉のHPが超レトロ!銘店伝説「青葉」を食べてみた。③

    王道の醤油ラーメンという仕上がり!ちぢれ麺と合いそうなスープです。

    おいしそうだなーと思ったんですけどね、スープがちょっとしょっぱい!いや、かなりしょっぱい…。

    寒いところのラーメンは塩気がキツいんですよね。体を温めるために。

    旭川らぅめん青葉のHPが超レトロ!銘店伝説「青葉」を食べてみた。④

    麺の印象がなくなるくらいスープが衝撃的にしょっぱかった…。という感想しか残っていません。



    最後に


    同シリーズの札幌味噌ラーメン「桑名」の再現が非常によかっただけに少し残念な結果に…。

  • 札幌にある小さな店の味噌ラーメン!銘店伝説「桑名」を食べてみた。

  • どれもおいしい!という感想ばかりでは嘘くさいサイトになってしまうので、こういう記事があってもいいかな、と思っています。

    銘店伝説さん、ネガティブなレポートになってしまって申し訳ないです。




    僕のイチオシは「ぜんや」!是非ともお試しあれ!

    【スポンサーリンク】



    【関連記事】




    コメントを残す

    このページの先頭へ