入浴で得られる3つの偉大な効果とは?シャワーだと得られませんよ。


【スポンサーリンク】



日本人は、お風呂好きが多いです。

外国には、湯船に浸かるという習慣があまりない。そもそも、シャワーだけで済ませる国も少なくありません。

それに比べて、日本人は入浴頻度が高く湯船に浸かる回数も多い。

まあ、銭湯や温泉などの文化があるわけで、当然といえば当然なのでしょう。

この入浴効果が偉大なのです。シャワーでは決して得られません。入浴には主に3つの効果が認められているんですけどご存知ですか?

温熱効果で新陳代謝が高まる

温かいお湯に浸かると皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血行がよくなります。

新陳代謝が高まることで体内の老廃物の排泄を促します。疲労物質である乳酸が除去されるため、疲労回復効果も期待できます。

身体が温まるとコリもほぐれ、弱った内臓の動きも活発化させてくれます。

夏場はシャワーだけで済ませがちですが、冷たいものを食べたり飲んだりして内蔵は冷えているかもしれないので、しっかりお湯に浸かる必要があることも。

浮力効果で重力から解放

お風呂に入ると、身体が軽くなりますよね?湯船の底に身体が沈んでも、浮力はきちんと働いています。

お湯に浸かっているとき、体重は約9分の1程度になっています。普段、体重を支えている筋肉や関節が重力から解放されるので、緊張からくる脳への刺激が減少します。

よって、心身ともにリラックスします。

浮力効果により目に見えない身体への負担が軽減され、心も解放されるのです。

水圧効果で心肺機能向上

湯船に浸かると、身体全体に水圧がかかります。あまり知られていないのですが、この水圧が意外と大きいのです。

お湯に浸かったとき、ウエストは平均3〜6センチも細くなっているといわれています。

これだけの圧力が脚に溜まった血液を押し戻すので血液の循環が促進されます。心臓の働きも活発になるのです。

また、腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げるので、肺の容量が減少します。その空気を補うために呼吸回数が増えて、ひいては心肺機能が高まります。

終わりに

入浴には、温熱効果・浮力効果・水圧効果という3つの偉大な効果があります

お湯に浸かると、新陳代謝が高まるので美肌やダイエットにもつながります。また、心身がリラックスすることにより眠りにつきやすくなったりもするのです。

入浴には、シャワーでは得ることができない素晴らしい効果がこんなにもあるんですよ。

身体をリセットするためにも入浴は非常に大切なのです。夏場でも、なるべくお湯に浸かることをおすすめします。

与野本町にある銭湯「鈴の湯」で入浴文化を学ぶ。【さいたま市・銭湯】
熱中症後は普通にお風呂に入って大丈夫?脱水症状に注意しましょう。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ