太りやすい原因は自律神経の乱れ?


【スポンサーリンク】



食事制限をしても、ハードなトレーニングをしても、なかなか痩せられない場合は自律神経を整える必要があるかもしれません。

自律神経の働きが乱れているとダイエットの効果が出にくいです

私自身、いくら走って汗を流しても体重がまったく変わらないという経験を過去にしたことがあります。

自律神経を整えるランニング。

その原因は、やっぱり不規則な生活とストレスによる自律神経の乱れでした。

ダイエットと自律神経の働きには深い関わりがあるのです。

太りやすいのは自律神経の乱れ?

人は自律神経が正常に働いているからこそ、体温を調節したり、血圧を維持したり、食欲をコントロールしたりできます。

しかし、自律神経の働きが乱れてくると、冷え性や手足の急激なほてり、立ちくらみ、目眩などの症状があらわれやすくなります。

それだけでなく自律神経の働きが鈍い人は、活発な人と同じものを食べたり飲んだりしても断然太りやすいのです。

年を重ねると太りやすくなるというのは、加齢によって自律神経の働きがどんどん鈍くなっていくからです。

太りやすい、痩せにくいと感じたら、まずは自律神経の乱れを整える必要があります。

交感神経の働きが重要

自律神経には、交感神経副交感神経があります。

交感神経は身体を活性化させて、エネルギーの消費を促します。一方で、副交感神経は吸収したエネルギーを身体に蓄えるように作用します。

ダイエットをしても効果が出ない場合は、交感神経の働きが鈍くなっている可能性が高いです。

交感神経の働きが鈍いと、吸収したエネルギーをうまく消費することができなくて太っていきます。

太りやすい体質を改善するためには、交感神経を刺激する運動を取り入れるのが効果的です。

交感神経を刺激する運動とは?

交感神経を刺激する運動としては「サーキットランニング」がおすすめです。

サーキットランニングとは、ウォーキングやダッシュを通常のランニングに織り交ぜて行うトレーニングです。

スピードに変化をつけることで運動の強度がかなり高まります。

①ウォーキング 1分
②ランニング 3分
③ダッシュ 1分


①〜③を繰り返し行います。何サイクル繰り返すかを決めてからトレーニングを始めます。時間はあくまでも例なので自分に合ったサイクルを見つけましょう。

サーキットランニングは、通常のランニングよりも交感神経が活性化させることができますよ。

終わりに

太りやすい体質やダイエットの効果が出ないのは自律神経の乱れです。

規則正しい生活や食生活の見直しは基本。さらに交感神経を刺激して自律神経を整えることが大切です。

私は、ジムでのランニングが身体に合わなかったようです。自然の中でサーキットランニングをするようになったら、太りにくい体質になりましたね。

それくらい自律神経の働きは重要です。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ