【業務スーパー】激安サイコロステーキ!成型肉には食中毒の危険がある。


【スポンサーリンク】



この間、業務スーパーで購入した「サイコロステーキ」を焼きました。

500gも入っていて、税抜555円はさすがの業務スーパー価格です。

しかし、激安なのには理由があります。一般的にサイコロステーキが安いのは、捨てるようなクズ肉や牛脂を使って結着させた成型肉だからです。

成型肉とは?


成型肉(せいけいにく)は、細かいくず肉や内臓肉を軟化剤で柔らかくして結着剤で固め、形状を整えた食肉。牛肉の赤身に牛脂や食品添加物などを注射した、「インジェクション加工」と呼ばれる処理を施した牛肉も含まれる。

引用:成型肉 – Wikipedia


業務スーパーのサイコロステーキの袋には、ちゃんと記載があるので何の問題もありません!もちろん、私も成型肉であることを理解した上で購入しています。

ただし、成型肉はしっかり焼かないと食中毒になる可能性があるので注意が必要です。

食中毒問題が騒がれた「ペッパーランチ問題」の原因もこれ!

参照: 隠す焼肉店、牛脂注入、骨弱める添加物、化学調味料… | ビジネスジャーナル

成型肉は食中毒になりやすい?


業務スーパーのサイコロステーキ。

成型肉は、中まで十分に加熱しなければなりません!

サイコロステーキは、結着肉と呼ばれる成型肉です。

結着肉とは、ハラミなど内蔵や腹横筋や脂身、すね肉や肩肉などの端肉をかき集め、食品結着剤を使い固めてカットしたもの

だから、見事な立方体に仕上げることができるのです。色も不自然なほど美しいピンク色で、いかにも体に悪そう…。

実は、ホテルやレストランでの成型肉の使用が問題になっています。チェーン店でも当たり前のように使われているので、私たち消費者は知らない間に成型肉を口にしているのです。

なので、過度に気にしても仕方がありません…。

成型肉を食べる上で気をつけないといけないのが調理です。製造過程で針や刃で切り込みを入れるため、外側に付着している細菌が肉の中にまで侵入しています。

そのため、中までしっかり火を通さないと食中毒になってしまいます。

冷凍のサイコロステーキの調理法は?


業務スーパーの冷凍のサイコロステーキをバーベキューで使いました。その時は、このような感じで調理しました。

フライパンに油をひき、中火で加熱していきましょう。

フライパンが温まってきたら、袋を破ってワイルドに凍ったままのサイコロステーキを投入。

成型肉のサイコロステーキには食中毒の危険。

この状態では、上に乗っているお肉に火が通りません。ちゃんと丁寧に敷き詰めること。

業務スーパーのサイコロステーキは成型結着肉。

火が通ってくると、水と脂が溶け出して水浸し状態になります。焼くというより、茹でながら揚げるという感じになりました。調理に夢中で写真を撮り逃しました…。

あとは、全体に火がしっかり通るまで、ひっくり返しながら焼いていきます。

【業務スーパー】サイコロステーキ。

中火で15分ほどじっくり加熱。中までしっかり火が通っていたので安心して食べられました。

食中毒になったら、せっかくの楽しい食事が台なしです。成型肉の調理には細心の注意をはらいましょう。





最後に


正しい調理法ではないのであまり参考になさらないでください。あくまでも凍った状態のものをそのまま調理する方法です。

業務スーパーのサイコロステーキの味は、ジャンクな感じで意外とイケました。某ハンバーガーチェーン店のパティみたいな感じです。

成型肉はしっかり中まで火を通しましょう。バーベキューシーズンになると、食中毒が増えるので気をつけないといけません。


【スポンサーリンク】





コメントを残す

このページの先頭へ