日光にあたってセロトニンを増やす。心の健康はこれだけで保てます。


【スポンサーリンク】



ここ最近、台風の影響で天気が崩れています。だから、太陽の光を浴びれていません。

日光を浴びることって人間にとって非常に重要なんですよ。

日光を浴びてセロトニンを増やす。

室内で蛍光灯やLEDの光ばかり浴びていると、健康を害しやすいのです。これは科学的に実証されています。

ゆっくり走るだけ?スタミナが向上するローパワートレーニング。

セロトニンの作用とは?

日光を浴びると、セロトニンが脳内で分泌されて、心の健康が保ちやすくなります

セロトニンとは、必須アミノ酸のトリプトファンから体内で作られる脳内の神経伝達物質のひとつです。

視床下部などに高密度に分布し、ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質を制御する作用があります。

喜びや快楽、恐怖や驚きといった感情をコントロールできるようになるので精神が安定するのです。

逆に、セロトニンが不足すると、これら感情が制御できず精神的に不安定になります。攻撃性が高まったり、鬱になったりすることも。

健康のために身体を動かすということも必要ですが、日光を浴びるということも同じくらい大切なのです。

セロトニンは日光の下を歩くだけで分泌されます。激しい運動をしたり、走ったりする必要はありません。

ドーパミンとノルアドレナリン

では、セロトニンが制御するドーパミンとノルアドレナリンについてもう少し詳しく書いていきます。

ドーパミンは、アミノ酸のチロシンから酵素の働きによって作られる能内の神経伝達物質のひとつ。

飲酒をすると、脳が心地よく感じるのは脳内の報酬系と呼ばれる神経系が活発化するためと考えられています。

この報酬系の中心的な役割を果たすのがドーパミンです。ストレス解消や楽しさなどの感情を生み出す作用があります。

ドーパミンが不足すると、物事の関心が薄らぐなどの精神機能の低下や運動機能の低下などを引き起こします。

もうひとつのノルアドレナリンは、不安や恐怖などの激しい感情、過酷な肉体作業などで人体がストレスを感じたときに交感神経の情報伝達物質として放出される物質です。

別名「怒りのホルモン」と呼ばれています。

ノルアドレナリンが放出されると、血圧や心拍数が上昇し、身体がそれに適応した状態になります。要するに、集中力や痛みなどをなくす作用があるということです。

ノルアドレナリンが不足すると、無気力や無関心など、うつの原因になります

ドーパミンやノルアドレナリンをコントロールできないと精神疾患になりやすい。だから、セロトニンの分泌はとても大切なんですよ。

終わりに

健康というと、身体を動かすことに注目しがちですが、心の健康にもっと注目するべきです。

ジムで蛍光灯やLEDの光を浴びて運動するよりも、外で日光を浴びて歩いたほうが効果的です。

僕はパソコンやスマホで作業することが多いので、意識的に日光を浴びる時間を作っています。走るのが面倒くさいときは歩けばいいんです。セロトニンをバンバン分泌しましょう。

参考:ノルアドレナリンなど神経伝達物質の説明

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ