ゲームのダウンロード版の大きなデメリット…。


【スポンサーリンク】



突然なんですけど、久しぶりにテレビゲームを再開しようと思っています。

WEBの勉強やサイトの運営を始めてから、常に何かとやることがあって全然やらなくなってしまったんですよね。

でも少しオンとオフが必要だなと思ったので久しぶりに再開をすることにしました。スマホのゲームは、せせこましくて性に合わないのでやりません。

で、何を買おうかなーと思い、Amazonを見ていたらFIFAや2Kシリーズの新作がそろそろ出ることに気づきました。

バスケットゲームの「NBA 2K16」は迷うことなくポチッとしました。発売日が10月末ということでまだまだプレーできません。笑



問題はサッカーゲームです。FIFAシリーズは過去2作が駄作ということで買っていません。まあ、これが僕のゲーム離れの要因のひとつでもあるんですけどねえ…。

ウイイレシリーズは本当にもう何年もプレーしていません。ライセンスの関係で使えるチームが少なすぎて論外。

だけど、ウイイレの前作はけっこう面白かったという情報をキャッチ。「ウイイレ2016」はかなり期待できるという噂もあってかなり悩みます。

というわけで、両方とも体験版があったのでダウンロードしてプレイしてみました。

ウイイレ2016体験版

確かに、ウイイレは楽しいです。FIFAは全体的にもっさりしている印象。でもやっぱり架空の名前のチームを使うのに抵抗があるのでFIFA2016をポチりました。

ウイイレ2016は体験版を遊び倒したいと思います。笑



ダウンロード版の決定的なデメリット


本当はゲームも電子化していきたいんですけどね。ダウンロード版には決定的なデメリットがあるんですよ。

失敗したり、飽きたりしても売れません!特に、サッカーゲームやバスケットゲームなんて毎年新作が出るので、新作が出る少し前に手放したいんですよ。

最低でも2000円くらいにはなるので。FIFAがやっぱり微妙だったから、売ってウイイレを買おうみたいなことができない。これはダウンロード版の大きなデメリットだと僕は思います。

ゲームは、まだまだパッケージ版の時代が続くんだろうなーと思った、今日この頃のお話。

終わりに


ダウンロードという文化は確かに便利です。モノが増えないという快適さがあります。だけど、ゲームは難しいですねー。ちょっとデメリットが大きすぎますよ。

しかもダウンロード版は高い!ウイイレって7000円もすんのかーと思って、Amazonを見たら5800円!

ゲームは価格的にもパッケージのほうがお得ですわ!

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ