名言をまとめてみて思うこと。偉人はみな同じことを言っている。


【スポンサーリンク】



2016年を景気よくスタートするために、偉人の名言をまとめてみました。

バスケの神様ことマイケル・ジョーダン、天才棋士こと羽生善治、迷言も多いタモリさん、二十世紀の日本を代表するアーティストの岡本太郎の迷言を4日間にわたって取り上げてきました。

僕、偉人たちの名言をまとめてみて思ったことがあるんですよ。みな同じことを言っているな、と。

2016年初夕焼け


まずやってみる精神


僕、自己啓発とか正直よくわからないんですよ。何が成功とか、何が失敗とか、って何を基準にするかによって捉え方が変わってくるじゃないですか?

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。
自己啓発 – Wikipedia


より大きい成功とか、より充実した生き方とか、より優れた人格とか言われましても、あんまりピンと来ないんですよね。

でもね、マイケル・ジョーダンがバスケの神様になれたのも、羽生善治さんが前人未到の7冠を達成したのも、タモリさんが名司会者になれたのも、岡本太郎がスペシャルなアーティストになれたのも、結局、何かにチャレンジしたからに尽きるじゃないですか?

成功も失敗も結果論なわけで、何もしなければ何も起こりません!チャレンジ精神が何よりも大切なことは伝わります。

なんでもいいから、まずやってみる。それだけなんだよ。


偉人はみな成功や失敗を考える前に、まずやってみるという精神を持っています。

自分の壁を乗り越えろ


で、そのチャレンジ精神を邪魔する最大の敵は自分自身であることが多いです。

何かにチャレンジしたいけど、お金や時間がないという理由であきらめていませんか?

挑戦することを恐れるな、挑戦しないことを恐れろ。守ろう、守ろうとすると後ろ向きになる。偉人たちも自分という壁をまず乗り越えたことで、偉大なことを成し遂げたわけです。

何かを始めるのは怖いことではない。怖いのは何も始めないことだ。


やりたいことをやらないで死んだら、きっと後悔しますよ。

終わりに


偉人はみな挑戦しろ、失敗を恐れるな、自分の壁を乗り越えろ、というようなことを言っていました。

あれ?やっぱりタモリさんの名言は少し異色すぎましたかねえ。まあ、行き当たりばったりでも大丈夫だ!というスタンスでいれば、気軽に何事にもチャレンジできると思いますよ。

でもね、僕が何かにチャレンジするのって、結局ね、暇つぶしみたいなもんです。能動的に生きたほうが楽しいから、ただそれだけなんだと思います。

最近俺ね、名言作ってんの
というわけで、自己啓発じみた名言集は堅っ苦しいので終わりにします。

以上!

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ