新しい世界にふれるのは面白い。競艇で負けた話。


【スポンサーリンク】



この間、ボートレース戸田に行ってきました。単純に面白そうと思ったから行っただけで、ギャンブルに興味があるわけではありません。

ボートレース戸田

新しい世界にふれると常に面白い発見があります。だから、友人たちと定期的に新しいことをしたり、行ったことがない場所に行ったりしています。

そして今回、競艇場に足を運んだわけです。競艇場は高齢化が進んでいます。若者が圧倒的に少ないです。数年前から若者の来場者数を増やすための取り組みをしているようですが、まったく成果はなさそうです。

レースの戦況を見守る

おじさんたちは、だいたい黒か紺か茶色のアウターを着ています。浅い色のジーパンとグレーのスラックスがお決まりのコーディネートです。

レースが始まると普段はおとなしそうなおじさんたちが「まくれ!まくれ!」と怒号をあげます。レースに負けると舟券をそこら辺に破り捨てます。

競艇場は恐ろしい場所です。

競艇場の中には、フードコートがあります。ラーメンやそば、うどん、定食、串カツなどバリエーションが豊富です。吉野家もあります。そこそこ人気です。味はもちろん変わりません。ただ、並盛がないのでおば様たちがブツブツ文句を言います。

競艇場には殺伐とした雰囲気が漂っています。

でも、ボートレースは楽しいです。手堅くかけると、勝てる確率が高いということがわかりました。欲を出すと負けます。大穴にかけても勝てません。ボートレースというのはそんな感じです。

ボートレースは100円から気軽に遊べます。入場料が100円かかるだけです。無料駐車場もたくさんあります。お金がない若者向けの遊び場なのかもしれません。負けてしまったのですが、ボートレースにはまってしまいました。

おじさんの真似をする友達

ボートレースの世界はなかなか面白かったです。次は、どんな世界に足を踏み入れてみようかと色々考えております。いつもくだらない企画に付き合ってくれる友人たちに感謝です。

これからは、ゆる〜い投稿を増やしていこうと思います。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ