絶対的な成功法則について。挑戦しないと始まらない。闘わない奴等に笑われたっていいじゃないか。


【スポンサーリンク】



世の中には、絶対的な成功法則があるらしいのです。

妙にうさんくさいWEBビジネス成功者のブログの内容がもの凄く頭に残っているんですよね。かなり昔に読んだので、どこの誰のサイトかは忘れてしまったんですけど。

絶対的な成功法則について。

絶対ということ言葉はあんまり好きではないんですけど、確かにこの法則は間違いないなあと思いました。

やるのとやらないでは大きな違い

何事も「やるか、やらないか」というシンプルな構造で考えてみてください。

何事でもやれば成功するかもしれないという、可能性を見出だすことができます。仮にやって失敗しても経験を積めます。次にその失敗した経験を活かせばいいのです。

今度は成功するかもしれませんし、他の分野で花が開くかもしれません。

その一方で、やらないと成功することもなければ、失敗することもありません。まさに「ノーリスク・ノーリターン」という言葉でうまく表現することができます。

人と話していてよく思うのですが、最近はチャレンジする前からできないと決めつけている人が多いと感じます。

なんかもったいないです。人の才能なんてどこに眠っているのかわからないのですから。

何事もやらない何も始まらないということだけは確かなことです。

何も考えずにやってみる

世の中には、成功法則や成功哲学に振り回されてしまう人がたくさんいます。

WEBビジネスの場合は、高額の教材を次々買いあさり、高額のセミナーに参加し、散財しただけで終わりという話があまりにも多いです。

成功法則や成功哲学ばかり学んでも、何も行動しなければお金は稼げません。頭でっかちになるのは危険です。

しかし、当然のことですが、ノーリスク・ハイリターンのビジネスなんて存在しません。私はリスクが10万円で、期待リターンが100万円だったら何も考えないで、すぐにやればいいと思います。

実際に、私は10万円ほど投資をして、投資資金を回収するまでは絶対に続けようと決意して始めました。

忙しいという理由で手が回らなかったり、お金がないという理由でためらったり、単に挑戦する勇気を持てないで諦めたりというのは、あまりにも残念な状況です。

闘わない奴等が笑うだろう

私は、やらない後悔だけはしたくない。時には、何も考えずにやってみるという姿勢も必要です。見切り発車で失敗して笑われてって別にいいじゃないですか。

「成功したければやってみる」というのは絶対的な成功法則だと思います。やるのとやらないのでは本当に大きな差があります

ファイト!闘う君の唄を闘わない奴等が笑うだろう(中島みゆき)


シャッフル再生していたiPodから、たまたま流れてきた中島みゆきの「ファイト!」に妙に励まされた。私は、挑戦して失敗した人間を笑うような人間にはなりたくないです。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ