見頃はいつ?川越の紅葉スポット「喜多院」が観光客で混雑していた。


【スポンサーリンク】



すっかり秋めいてきましたね。最近の当ブログは、食欲の秋の色が強めなんですけど、本来は観光情報をメインで発信していきたいのです。

なので、今回は埼玉県随一の観光地である川越の紅葉スポットを紹介したいと思います。

川越大師は有数の観光スポット


この間、世間ではあまり知られていない川越の観光スポット「川越観音」こと長安寺を紹介しました。僕、マイナースポット好きなんですよ。

でも今回が違います。僕が紹介したい川越の紅葉スポットは、川越大師として全国的にも有名な「喜多院」です。喜多院は、川越でも有数の観光スポットで人気があります。

川越の観光スポット「喜多院」①

また、初詣に約40万人が訪れる、県内では大宮の氷川神社に次ぐ人気の初詣スポットなんですよ。

では、本題の紅葉情報に入ります。

【参考記事】川越観音長安寺って知ってる?川越の知られていない観光スポット。

喜多院の紅葉の見頃は?


喜多院の紅葉の見頃は11月中旬から12月上旬。今ようやく見頃を迎え始めたという感じです。

川越の観光スポット「喜多院」④

紅葉の時期ということもあり、そこそこ混雑しています。普段は観光客がポツポツいるくらいなんですけどね。

川越の観光スポット「喜多院」③

肝心の紅葉はまだまだですね。客殿の前の葉っぱが青々としていました。拝観料を払うと、紅葉山庭園を見ることができます。ここの紅葉が美しいと評判なんですよ。

僕は11月末頃に紅葉を見るために再訪しようと思っています。ついでに五百羅漢も見ていってくださいね。当ブログでは紹介していませんけど圧巻ですよー。

小江戸川越菊まつりも開催中


喜多院の混雑は紅葉だけではなかったようです。

2015年小江戸川越菊まつり

喜多院内で小江戸川越菊まつりが開催されていました。11月1日〜23日までやっています。

菊まつりが開催されている特設会場をのぞいてみたのですが、高齢者が非常に多かったです。観光客以外にも地元の人もけっこう集まっているという印象を受けました。

川越の観光スポット「喜多院」②

とにかく秋の喜多院にはたくさん人が集まるということがわかりましたね。平日なのに屋台が出ていたり、売店で甘酒を販売していたりと賑わっていました。

改めて良い観光スポットだな、思った今日この頃です。

終わりに


川越有数の観光スポットである喜多院の紅葉は11月中旬から12月上旬が見頃です。ただ、2015年の見頃は少し後ろにスライドするかと思います。

少し混雑していましたけど、人が溢れかえるというほどではありません。

川越観光の際は、川越大師こと喜多院に足を運んでみてください。見どころが目白押しですよ!

■追記


12月上旬、再び川越大師こと喜多院に訪れました。紅葉が見頃のピークを迎えていましたよ。境内のいたるところで紅く色付いたモミジを見ることができます。喜多院の紅葉の見頃は11月下旬から12月上旬ということがわかりました。

【参考記事】火事で騒然とした川越の菓子屋横丁の様子。封鎖状態が続く。



川越大師喜多院
ジャンル:お寺,観光スポット
アクセス:西武鉄道新宿線本川越駅から850m
TEL:049-222-0859
住所:埼玉県川越市小仙波町1丁目1-20-1
料金:大人400円 小人200円
駐車場:あり(有料)

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ