富士見市のパワースポット「水宮神社」はツッコミどころが満載?


【スポンサーリンク】



埼玉県富士見市には、ちょっと変わった神社があります。そこは、パワースポットとして知られている場所です。今日は、そんな面白い観光スポットを紹介したいと思います。

顔ハメ看板、二宮金次郎、蛇口をひねると出てくる御神水?


富士見市にある水宮神社

大應寺のお隣にある水宮神社です。水宮の地を代表する神社で、富士見市を代表する観光スポットとも呼べる場所だと思います。とにかく見どころが多いんですよ。


まず、これが水宮神社の入口です。織姫と彦星の顔ハメ看板があります。リア充のみなさま、SNSの投稿のネタにどうですか?顔ハメ看板マニアにもおすすめです。あと、鳥居の形も少し独特ですね。


なぜか、鳥居の手前に二宮金次郎の石像があります。学校を卒業してから、めっきり目撃する機会が減りましたね。

富士見市にある水宮神社の御神木

水宮神社の御神木は銀杏です。樹齢350年くらい…。うーん、アバウトだなあ。健康・長寿・出産・授乳の信仰のご利益があるとのこと。がっつり枯れてるけど大丈夫かな?

本当にパワースポットなのか疑わしくなってきましたよ。


鳥居を抜けて左側の地面を見ると、こうなっています。大量のお稲荷さんです。左の奥にもミニチュアの銅像がびっしり置いてあります。なかなかインパクトがある光景だったので、そっと手を合わせて退散しました。

どうですか?そろそろ水宮神社に興味がわいてきたかと思います。


極めつけはこちらの手水舎です。普通の神社とは全然違いますね。手水の儀を行いたいのですが、水がありません。

富士見市にある水宮神社の御神水

この蛙の形をした蛇口をひねると、ご神水がジョロジョロと音を立てて出てきました。おしゃれなダイニングバーのお手洗いってこんな感じのところありますよね?

さて、いよいよハイライトです。

水宮神社は狛犬じゃなくて狛蛙?



水宮神社の社殿です。どこかに違和感を覚えませんか?

富士見市にある水宮神社の狛蛙

そう、狛犬じゃないんですよ。全国的にも珍しい狛蛙になっていて水宮神社のシンボルになっています。

浦和にある調神社には狛兎が、南浦和の大谷場氷川神社には狛雉が、埼玉県の神社は少し変わっているところが多いみたいです。

で、狛蛙が置かれている理由はこちらです。

昔々、この地に、人間のように立って歩きたいと願う蛙がいました。そこで蛙は、熱心に願をかけ、二本足で歩けるよう祈りました。そしてついに願いが叶い歩けるようになったのです。しかし、立ってしまうと蛙の目は後ろになってしまい、うまく歩くことができません。

蛙はもう一度願をかけ、元のように戻れるよう祈りました。「立って歩きたい」、「やっぱり元に戻してほしい」、ころころ心が変わる蛙に神様も怒ったのか、簡単には許しません。困り果てたころ、大日如来(不動明王)様が元に戻してくれました。戻った蛙は二度と立って歩きたいとは思いませんでした。

蛙は、「旅先から無事かえる」、「失くし物がかえる」、「若がえる」などとかけられ、今も願をかけにお参りされる人が絶えません。

参考:境内のご案内|水宮神社 水宮神社の境内を体感!


旅行前は、水宮神社に訪れてみてはいかがでしょうか?単純におもしろい場所なので、行く価値は存分にあると思いますよ。

終わりに


水宮神社の正式名称は「摩訶山般若院水宮神社」。室町時代に京都聖護院を本山とする修験寺摩訶山般若院として創建されました。水子観音や不動明王が祀られており、水子供養祭などが行われている神社です。

国指定の史跡「水子貝塚公園」や「難波田城公園」もあるので、富士見市で歴史散策でもしてみてはいかがでしょうか?

水宮神社
ジャンル:神社,観光スポット
最寄り駅:東武東上線みずほ台駅から2100m
住所:埼玉県富士見市水子1762-3
電話番号:049-251-7520
料金:無料
駐車場:あり(無料)

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ