埼玉縣護國神社(大宮/観光)氷川神社の奥に鎮座する英霊を祀る神社。


【スポンサーリンク】



埼玉県さいたま市大宮区にある氷川神社は、全国的にも有名な神社です。

そんな氷川神社の奥に英霊を祀る神社が鎮座しているのを知ったのは数年前のこと。

埼玉縣護國神社の鳥居
(写真:鳥居)

こちらが埼玉縣護國神社(さいたまけんごこくじんじゃ)。護國神社は、東京都と神奈川県を除く道府県に建立されています。

護国神社は、国家のために殉難した人の霊を祀るための神社。東京都と神奈川県を除く道府県に建立され、その道府県出身ないし縁故の戦死者、自衛官・警察官・消防士等の公務殉職者を主祭神とする。

引用:護国神社 – Wikipedia


埼玉県の護國神社は、氷川神社のすぐ隣にあったのです。恥ずかしながら、全然知りませんでした…。

車やバイクで何度か前を通りかかったことがあるのですが、ちゃんと足を運んだのは今回が初めて。

英霊を祀る神社なので、自ずと身が引き締まりました。

埼玉縣護國神社


埼玉縣護國神社は、1934年(昭和9年)4月9日に「埼玉県招魂社」として創祀。

1939年(昭和14年)3月に「埼玉県護國神社」と改称し、4月に指定護国神社となりました。

戦後の1946年(昭和21年)2月に宗教法人となり、1948年(昭和23年)10月に「埼霊神社」と改称。

しかし、1952年(昭和27年)に「埼玉県護國神社」に戻り、現在に至る。

埼玉縣護國神社の看板
英霊に感謝しましょう」の看板が目立ちます。

護国神社は、戊辰戦争から大東亜戦争まで国のために犠牲となられた埼玉県関係の英霊51,000余柱をお祀りしています。

埼玉県傷痍軍人の塔
(写真:埼玉県傷痍軍人の塔)

犠牲になられた方々の名前がしっかり刻まれています。

埼玉縣護國神社の本殿
(写真:本殿)

美しい立派な本殿です。埼玉県民として縁のある英霊に敬意を払い、二礼二拍手一礼。

埼玉県護國神社には、神聖な雰囲気が漂っていて背筋がピンと伸びたような気がします。

参照:埼玉縣護國神社 – Wikipedia

最後に


大宮公園
埼玉縣護國神社は、大宮公園と大宮簡易裁判所の隣にあります。向かい側は、大宮公園の入口です。

氷川参道のほうから向かうと少し遠回りなので、大宮税務署のほうからアクセスがおすすめ。

埼玉縣護國神社には、駐車場がありません!270台収容可能な大宮公園の駐車場を利用する人が多いようです。周辺にいくつかコインパーキングがあるので、そちらを利用しましょう。

氷川神社に訪れる際は、埼玉縣護國神社にも足を運んでみてはいかがでしょうか?



【埼玉縣護國神社】

ジャンル:観光,神社
住所:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町3丁目149
TEL:048-641-6070
アクセス:東武野田線北大宮駅から徒歩約5分
駐車場:無し


【スポンサーリンク】





コメントを残す

このページの先頭へ