スマホのサクサク感とかヌルヌル感ってどんな意味?


【スポンサーリンク】



現代人の必需品になったスマホ。日本人のスマホ保有率は6割を超えたといわれています。さらに、Apple社のiPhoneがその保有率の過半数を占めています。

日本人は、本当にiPhoneが好きですよね。かくいう僕も最近まではiPhoneユーザーでした。

スマホのサクサク感とヌルヌル感

MVNOいわゆる格安SIMに切り替えるタイミングでAndroidに変えたのですが、思いのほか使いやすくて驚いております。

色々、調べた上でHUAWEI社の「Ascend P7」にしました。Ascend P7の変えた理由や使用感については、また後日アップします。

で、SIMフリースマホについて調べているときに何かと気になったワードがあるんですよ。頻繁に登場した「サクサク感」はわかるのですが、「ヌルヌル感」というワードも割りかし登場します。

なんだよ、ヌルヌル感って気持ちわりいなあ、どんな意味だよと思ったので調べてみました。

お馴染みのサクサク感の意味は?

スマホの表現として、サクサク感は割と馴染みがあると思います。

サクサク感とは、アプリを起動したときなどに瞬時に反応してくれる意味します。逆に、反応が遅いことを「もっさり」と表現します。

ブラウザのページ表示時間が早かったり、画像や動画の読み込みが早くても、サクサクとは表現しません。

これは回線の速度の問題があるからです。

あくまでも、アプリの起動の反応などをサクサクやもっさりと表現するのが適切だと思います。

スマホの動作の早さは、メモリが大きく関わっています。スマホにサクサク感を求める場合はメモリに注目しましょう。

あれ、動きがもっさりしているなあ、というときはアプリを使ってメモリを解放しましょう。サクサク動くようになりますよ。

ヌルヌル感って何?

で、問題のヌルヌル感です。ヌルヌルという表現には、ネガティブなイメージしかありません。

ヌルヌルと聞いて連想するものって、電車のつり革とかウナギの感触とか気持ちが悪いものばかりなんですよ。

だから、ヌルヌル動くスマホとかいわれても気色悪いとしか思えません。

しかし、スマホにおいてヌルヌル感はけっこう大事です。ヌルヌルとは、画面をスクロールしたときに滑らかに動くことを意味します。

ひっかかりなどがあると、ヌルヌル動くといえません。iPhoneには、画面がまるで手に吸い付いているような気持ちよさがあります。

ですが、Androidは端末によってヌルヌル動かないものがありますね。画面が吸い付くようなヌルヌル感はiPhone独自のものといえるでしょう。

終わりに

サクサク=アプリや動作のレスポンス
ヌルヌル=画面や動作のスムーズさ


「サクサク動くスマホ」といわれると、なんか良さそうなスマホだなあという印象を抱きますが、「ヌルヌル動くスマホ」といわれてもイマイチな気がします。

登場したての頃のAndroidは、全体的にもっさりしていました。それに比べると、だいぶサクサク、ヌルヌル動くようになってきたと思います。Android端末を選ぶ上でヌルヌル感という表現は確かに大事な気もしますね。

こういった表現は人によっても認識が違うと思いますので参考までに。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ