トラップ上達のコツ!ファーストタッチ向上でサッカーは格段にうまくなる。


【スポンサーリンク】



トラップはサッカーの基本である「ボールを蹴って止める」の止める技術のこと。とても大切なテクニックといわれています。

トラップとは手と腕以外の体あらゆる部分を使ってボールをコントロールし、次のプレーにスムーズに移るための技術です。

サッカーの基本的なキックの種類!インサイド・インステップ・アウトサイドの蹴り方やコツ。

あらゆる状況を想定して練習すること


bal0002-001

ただ単にボールを止めただけでは、トラップとは言えません。

ボールを自分の思ったところに確実にコントロールできなければ、トラップしたということにはならないのです。

また、プレッシャーのない練習でいくらトラップがうまくても、ゲームのプレッシャーの中でできなければ何の役にも立ちません!

実践で起こるあらゆる状況を考え、相手を想定した練習が必要不可欠。

ファーストタッチの重要性


トラップでは、まず相手のゴールの方向を向くことを優先に考えます。

ファーストタッチでボールの勢いを十分に殺して、セカンドタッチで確実に次のプレーにつなぐのがトラップの基本。ファーストタッチで十分にボールの勢いを殺さないと、コントロールするまでに何度もボールに触れることになってしまいます。

その間に相手に詰め寄られてしまうため、ボールを失うリスクが高まる。無駄な動作をなくすことも重要なポイント。

トラップのコツは体の力を抜いてリラックスすること。筋肉が緊張しているとしボールは大きく弾んでしまいます。

体はクッションの役割を果たすもの。ボールを止めるという感覚ではなくて、ふんわりとソフトにとらえることが大切。ボールが当たった瞬間に体を引くようにするとうまくできます。

トラップのコツは?




トラップがうまくなるコツを簡単にまとめてみました。

  • ボールは足元に落とすこと

  • トラップしたボールは足元に落とすのが基本。足元にボールがあれば、相手は不用意に飛び込んでくることができません。

  • ボールから目を離さないこと

  • トラップミスの最大の原因はトラップする瞬間にボールから目を離してしまうから!相手にプレッシャーをかけられると、慌ててボールから目が離れてしまいがちです。

    うまくなれば、ボールを見なくてもコントロールできるようになりますが、最初はボールをしっかり見て確実にコントロールしましょう!

  • ボールは面で捉える

  • トラップの際にボールに触れる部分は、平らな部分を必ずボールの正面に向けること。これはボールが当たる面積を大きくするため。

    ボールは点で捉えるよりも面で捉えた方が確実にコントロールできます

    最後に






    FCバルセロナに所属するアルゼンチン代表のスター選手リオネル・メッシのファーストタッチのうまさに注目。

    数々の信じられないドリブルやシュートは高度なトラップの技術が可能にしています。それくらいトラップはサッカーにおいて重要な技術なのです

    【スポンサーリンク】



    【関連記事】




    コメントを残す

    このページの先頭へ