【ファミマ】カフェ・オ・レには甘いドーナツの「ミルクチュロッキー」を。


【スポンサーリンク】



コンビニが本格的にドーナツを売り始めたのが約2年前。

しかし、思いのほか伸び悩み、コーヒー市場ほど盛り上がっていないのが現状です。

私も、レジ横に置いてあるドーナツを何度か食べたことがありますが、確かに美味しいなあと感じたことはありません…。

だけど、ようやくコンビニで美味しいお気に入りのドーナツを見つけることができました!

参照:セブンも伸び悩み。なぜコンビニドーナツは苦戦しているのか? – まぐまぐニュース!

ミルクチュロッキー(北海道産牛乳使用)


私がハマったのは、ファミマカフェのドーナツです。

いわゆるレジ横に置いてあるものではありません!

パンコーナーに置いてある袋入りの「ミルクチュロッキー(北海道産牛乳使用)」です。


北海道産の牛乳を練り込んだクッキードーナツ。税込108円と価格もお手頃!

見た目は、ミスドの「ハニーチュロ」にそっくりです。

ファミマカフェのミルクチュロッキーのほうが色が濃い仕上がりになっています。

カロリーは小さいけど446kcalとかなり高め!

美味しいからといって、毎日食べていたら、あっという間にヒドい体型になりそうです。

参照:ハニーチュロ|ミスタードーナツ

感想


甘いスイーツには、苦めのコーヒーを。

といきたいところですが、ミスドのハニーチュロのページに「スペインでは、ホットチョコレートと一緒に朝食代わりに食べられているんだって」と書かれていたので、甘めのカフェ・オ・レを用意しました。


ホットチョコレートを飲む習慣は私にはありません…。

こちらの「らくのうマザーズ」のカフェ・オ・レもお気に入りのひとつ。午後のコーヒータイムを楽しみました。

ファミマカフェのミルクチュロッキーの良さは、何と言っても食感です。


外はクッキーのサクサク感、中はドーナツのふわっとしっとりといった感じに仕上がっています

そして、北海道産牛乳を練り込んだ自然の甘さがちょうどいい。

これは、甘めのカフェ・オ・レよりも苦いコーヒーのほうが合いそう。

ミルクチュロッキーは、袋入りなのでカバンに入れて持ち歩くこともできます。見つけたら、つい買ってしまいそうになる一品です。



最後に


ファミマカフェのミルクチュロッキーは、コンビニドーナツで初めてリピートしたいと思った商品です。

サクッとした食感がクセになりますよ。

本当に美味しいのでコーヒーと一緒にいかがでしょうか?

■店名:ファミリーマート
■商品名:ミルクチュロッキー(北海道産牛乳使用)
■価格:税込108円
■カロリー:446kcal


【スポンサーリンク】





コメントを残す

このページの先頭へ