旅行の荷物はなるべく減らす。圧縮袋でコンパクトにまとめてストレスフリーに。


【スポンサーリンク】



夏休み、お盆休みということで旅行に行っている人も多いのではないでしょうか?

また、大学生なんかは夏休みがな長いので、これから旅行に出かけるという人も多いかもしれません。

旅行で面倒くさいのが荷造り。これは使うかもしれない、あれは必要かもなあ、と考えているうちに、どんどん荷物は増えてしまいがちです。

旅行の荷物が多い人。

でも、こんな経験はありませんか?持っていたけど使わなかった小物類があったり、服や下着を余分に持っていってしまったり、など。

そこで、僕が実践している旅行の荷物を減らす工夫をまとめてみました。

青春18きっぷを有効に活用すれば格安旅行ができる。シェアして無駄なく使おう。

荷物が多いと必要以上にお金がかかる

貧しい旅行者とは荷物をたくさん抱えている人のことをいう

これはイギリスの格言です。楽しみを見つけるために旅をする。風景の素晴らしさに感動し、初めて見る顔に心を突き動かされる。

何も持たずに自分だけがそこにいるという事実だけで旅は満足できる、という考えによる言葉です。

簡単にいえば、旅を楽しむのにたくさんの荷物は必要ないということ。

実際、荷物が多いと、コインロッカーに預けたり、タクシーなどに乗ったりして、ムダなお金がかかることもありますよね。

僕の友人もコインロッカー代をケチって、スーツケースを転がしながら奈良の街並を歩いていましたけど、お世辞にもスマートではありませんでした。

短期間の旅行でしたら、バックパックひとつにまとめるか、それに小さなボストンバッグをプラスするくらいの量で十分足りるはずです。

荷物を減らしたほうが確実にフットワークが軽くなりますよ。

圧縮袋でコンパクトに

旅行の荷物でなんだかんだ容量を食ってしまうのが洋服類。チョイスやパッキング術が重要になってきます。

Tシャツや下着類、靴下などは生地の薄いタイプのものを選ぶといいです。さらに、それを圧縮袋で圧縮すれば大幅に容量を減らすことができます。

僕の中では、圧縮袋は旅に欠かせないアイテムです。



圧縮袋は百均のものでも十分ですが、やっぱり日本製のものが丈夫で安心。何回も使えるものですから、数百円をケチる必要はないと思います。

Sサイズ2枚入りのものを買えば、Tシャツ用、下着・靴下用にして事足ります。タオル用があってもいいかもしれません。

旅行の荷物を減らすために必要なパッキング術。

SサイズでもTシャツ4枚くらいは入ります。この写真は、ヘインズのTシャツ4枚をパッキングしたものです。このサイズなら、バックパックにすっぽり収まるのでおすすめです。

で、僕が実践している荷物を減らすテクニックがあります。

それは捨て時のTシャツや下着、タオルを持っていくという方法です。僕は、旅行のときに一度使って捨ててしまいます。しかも、圧縮袋でシワがついても気にならないというのもいいです。

行きよりも荷物を減らすテクニックができますよ。

終わりに

多すぎる荷物と重たすぎるカバンは旅行の敵です。

少しでも荷物を減らしてフットワークを軽くしましょう。短期間の旅行なら圧縮袋を使って衣類をコンパクトにまとめれば、バックパックひとつで十分です。

旅行の荷物の量は、チョイスとパッキングで変わるので気をつけてみてくださいね。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ