神社にお参りをするときの正しい作法とは?


【スポンサーリンク】



全国には、約88,000もの神社があります。コンビニの数が約45,000ですので、神社はその倍くらい多いです。

そのため、神社は身の回りに意外とたくさんあるかと思います。

参照:無宗教と呼ばれる日本。でもコンビニの数より寺の数の方が多いのだ!(エキサイトニュース)

埼玉県で有名な神社といえば、大宮にある氷川神社。氷川神社の総本社でパワースポットとしても知られています。

大宮にある氷川神社の拝殿。

【参考記事】氷川神社(大宮/観光)楼門近くの西駐車場に停めてゆっくり参拝。

神社でお参りをしていた時、ふと気づきました。神社での正しいお参りの作法がうろ覚えになってしまっていることに…。

それでは「いかん!」と思い、改めて正しいお参りの仕方を記事にまとめることにしました。

鳥居の前でも頭を下げる



神社にお参りを時は、しっかり参道を歩いて拝殿に向かうこと。

参道の中央を歩いてはいけません!中央は「正中(せいちゅう)」と呼ばれ、神様の通り道になっているからです。

参道は、端を静かに歩きましょう。

明治神宮の参道にある一の鳥居。

参道には、必ず鳥居があります。ひとつの参道に複数ある場合は順番に

  • 一の鳥居
  • 二の鳥居
  • 三の鳥居

  • と呼びます。

    各鳥居の前で軽く頭を下げて一礼するのが正しい作法。この一礼を一揖(いちゆう)といいます。

    鳥居は、聖域と外界の境界線。なので、聖域に踏み込む前に一揖して、神様に挨拶をするわけです。

    手を清める順番は?



    すべて鳥居を抜けると、その先には「手水舎(ちょうずや)」があります。参拝者が手を洗ったり、口をゆすいでいる場所です。

    拝殿に進む前に、しっかり手と口を清めるのが正しいお参りの作法なので忘れないようにしましょう。

    手や口を清める順番も決まっています。

    1. 右手で柄杓を持って水をすくう
    2. 左手を洗う
    3. 柄杓を左手に持ち替える
    4. 右手を洗う
    5. 柄杓を再び右手に持ち替える
    6. 左手で水を受けて口をすすぐ
    7. 柄杓を垂直にして柄の部分を洗い流す
    8. 柄杓を元の場所に伏せて置く

    すべての所作を最初のすくった水だけで行うこと。手水舎で身を清める作法を「手水の議(ちょうずのぎ)」といいます。

    手は何回たたくのか?


    拝殿の前についたら、賽銭箱にお賽銭を納めてからお参りをします。

    1. 軽く会釈をする
    2. お賽銭を入れる
    3. 鈴を3回鳴らす
    4. 深く頭を2回下げる
    5. 手を2回たたく
    6. 深く頭を1回下げる

    お賽銭を入れたら綱を振って鈴を3回ほど鳴らします。鈴の音には魔除けの力があるとされていて、参拝者の邪気を祓う効果があります。

    神社でのお参りの一般的な作法は「二拝二拍手一拝」です。

    最後に


    神社でのお参りの作法を簡単にまとめてみました。

    二拝二拍手一拝の部分は、神社によって異なる場合があります。伊勢神宮や出雲大社などはお参りの作法が異なるので注意しましょう。

    正しい作法は大人として知っておきたいところです。

    だから、参道の真ん中を堂々と歩いている人や大きな声で話しながら歩いている人を見かけると「なんだかなあ」と思ってしまいます。


    【スポンサーリンク】





    コメントを残す

    このページの先頭へ