AKB48の新曲「ハロウィン・ナイト」の発売日はどうして夏なのか?というテーマでブログ運営論に触れる。


【スポンサーリンク】



この間、友人と「FNSうたの夏まつり」を見ていたら、AKB48の新曲「ハロウィン・ナイト」が流れてきました。

すると、友人が「どうして夏にハロウィンなのかね」と言いました。これ、いい疑問だなあと思いまして。

端的にいえば、ハロウィンの曲をハロウィン直前の10月の最終週とかにリリースしても遅いんですよ。

マーケティングにおいて数ヶ月先を見据えることは非常に重要なことです。

僕は、ホームページを制作したり、ブログの記事を更新したりするときはかなり先を見据えています。

では、具体的にどんなことを意識しているのか、このAKB48の新曲「ハロウィン・ナイト」を事例に説明していきます。

世の中に認知されるまで時間がかかる?

AKB48の新曲「ハロウィン・ナイト」の発売日は2015年8月26日。ですが、7月上旬にはテレビ番組で初披露しているので、ハロウィンの約4ヶ月前からプロモーションを始めたことになりますよね?

センター様のTwitterから画像を拝借

数ヶ月前からプロモーションを始めないと、ハロウィンまでに認知度を高い状態まで持っていけません。直前に発売するのでは遅いのです。

楽曲が世の中に浸透するのって思いのほか時間がかかります。それどころか、世の中に浸透する前に消えていくアーティストや楽曲のほうが圧倒的に多いわけですからね。

国民的アイドルグループのAKB48の楽曲といえども、簡単に世の中に浸透したり、認知されたりするわけではありません。

音楽番組で何度も披露したり、MVを公開したり、タイアップ曲になったりして、やっとこさ世間に浸透していくので本当に大変ですよね。



プロモーションを積み重ねていくことによって、ハロウィンといえば、AKB48の「ハロウィン・ナイト」だよね、と認知されていくわけです。実際、そういう流れになるかはわかりませんけどね。

ただ、ハロウィンをテーマにした邦楽の楽曲は思い浮かびません。ブルーオーシャンだと思うので「ハロウィン・ナイト」がハロウィンの曲として定着するか、個人的に気になっています。



ミドルレンジを意識する

ちょっと説明が長くなってしまいましたね。

WEBビジネスの世界では「ハロウィン」のようなキーワードを「ミドルレンジキーワード」と呼びます。「バレンタイン」や「クリスマス」なんかもミドルレンジキーワードに当てはまります。

ミドルレンジキーワードとは、一年間のある一定の期間だけアクセスを集められるようなキーワードのことです。

例えば、「ハロウィン」というキーワードは9月ぐらいから徐々に検索され始めて、ハロウィンの前後にピークを迎えます。

今年のハロウィンはどこで過ごそうか、仮装はどうしようか、などの情報を世の中が求めるからです。

でも、サイトやブログの運営者はハロウィンの情報を直前に投稿しません。だいたい数ヶ月前に仕込みます。

なぜなら、直前に投稿した記事が検索結果の上位に表示されるわけではないからです。検索エンジンに認知されないと上位には表示されません。これは、サイトやブログの規模や影響力にとって異なりますが。

で、ハロウィンというキーワードで上位をとることができれば、来年も再来年もその記事が読まれ続ける可能性は高いのです。

すなわち、AKB48の「ハロウィン・ナイト」がハロウィンの曲として完全に認知されたら、翌年、翌々年のハロウィンの時期にも街中に「ハロウィン・ナイト」が鳴り響くわけですよ。

ブログ運営においてミドルレンジを強化することができれば、アクセスを飛躍的に伸ばしたり、安定させることができますよ。

ちょっとしたブログ運営テクニックを少し書いてみました。


終わりに

ブログの記事を更新する上で目先のアクセスを見据えることはかなり重要です。そうでないと資産になりませんからね。

ちなみに、僕は最近、熱中症に関連する記事をいくつか投稿しました。けど、これは目先のアクセスを意識しているわけではありません。

実は、来年の夏にアクセスを集められばと思って書いています。一年先まで見据えて書いているんですよ。単純に、いま熱中症で困っている人のお役に立てたらという気持ちもありますけどね。

ブログで稼ぎたいと考えているのではあれば、ミドルレンジキーワードを意識して更新したほうがいいですよ。

いま記事を仕込むなら、クリスマスや初詣、受験などがおすすめです。紅葉情報なんかもいいと思います。

どうして「ハロウィン・ナイト」を8月に発売するのか、という問いに対してはハロウィンまでに楽曲を完全に認知させたいからじゃないでしょうか?

あくまでも、ブロガー的な考え方ですけどね。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ