メルカリのコメント欄で腹が立つ3つのこと。


【スポンサーリンク】



こんばんは。もう年の瀬ですね。

今年、『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ – 』という本が流行ったのをご存じでしょうか?

この本をご存知でしょうか?断捨離ブームの上をゆくミニマリストブームを巻き起こした著書です。

僕は、ミニマリストまではいかないんですけど、大胆なモノの処分を定期的に行います。現在は、年末ということでフリマアプリ「メルカリ」を使って、不要なモノを手放しています。

約70点ほど出品して順調にさばけている状況。しかし、「メルカリの専用出品とか専用ページ作成の依頼って図々しくない?」にも書いたようにメルカリはいささかストレスが多くて困ります。

で、メルカリのストレスは9割がコメント欄で発生すると思いませんか?

メルカリユーザーなら、きっと共感してくれるはず。

というわけで、メルカリのコメント欄で腹が立つ3つのことをまとめてみました。

コメント逃げって人としてどうなの?


フリマアプリ「メルカリ」

メルカリでは、出品者と値下げ交渉などのやり取りを行う場合、商品ページの下部のコメント欄を利用します。主に、商品の細かい状態やサイズに関する質問、値下げ要請、送料込への変更依頼、まとめ買い希望、などのコメントが寄せられることが多い。

「その値下げは無理だろ!」「100円の値下げにそこまでこだわるの?」と思うことはありますが、それに関しては全然問題ありません!

だけど、値下げの要請や商品の質問などをしておいて何の反応もしないって人としてどうなんですか?

用を足して流さないのと同じですよ!

メルカリでは「コメント逃げ」という行為に当たります。これが意外と多くて腹が立ちます。出品者はコメントを返すのにも貴重な時間を使っているのです。

日本人のマナーはどうなってしまったのだ…。

コメントなしで購入してください!


正直、無駄なやり取りに時間を費やしたくないので、プロフィールに「コメントなしで購入OK」と記載しています。

にもかかわらず、「購入してもいいですか?」と聞いてくる輩がいます。もう面倒くさい!「どうぞ」とコメントする無駄な手間を考えてもらいたい。

これはね、自由にトイレに行ってもいい状況でわざわざ子供が親や先生に「トイレ言ってもいいですか?」と断りを入れるのと一緒です。誰もダメとは言いませんよ。

他のユーザーと値下げ交渉のやり取りをしていようが、出品者としては何も言わずに定価で購入していただけるユーザーが一番ありがたいのです。

コメントなしで購入OKということは、横取りを容認しているということ。無駄なやり取りに時間を使うのはやめましょうよ。

いきなり購入を不可にしている人、メリットって何ですか?

追記:即購入を不可にする理由は大いにあります。「悪い」の評価が複数あるユーザーとの取引を避けるため。トラブルを未然に防ぐ有効な方法のひとつです。

なんでコメント欄で偉そうにするの?


顔の見えないやり取りだからこそ、丁寧なやり取りを心がけるべきだと思っています。まあ、当たり前のことですよね。「ネチケット」なんて言葉はまだあるでしょうか?

ネチケット – Wikipedia

メルカリでも、当然、相手を判断する基準になるのは文字による内容と言葉遣い、そして評価だけ。それなのに、コメント欄でいきなりタメ口や高圧的な態度でコメントしてくる人がいます。

正直、腹が立つというより悲しいですね。ああ、残念な人だなあ、と思います。

980円で出品している商品に対して「700円でいい?」とコメントされても「うるせえ!貧乏人か?値切ってくんじゃねえよ!」と思いながらも「申し訳ございません。厳しいです」と回答します。で、そういう輩は決まってコメント逃げです。

まあ、そんなもんですよ。同じ日本人として残念です…。

最後に


メルカリはユーザーが多いので、モノはすぐに売れるのですが、コメントの対応や発送に時間を取られるのは少しもったいない気がしています。

マーケット感覚を磨くことができるので、悪いことばかりでもないんですけどね。

にしても、前は必要だったものがどんどん不要なモノに変わっていく。このままだと、ミニマリストになっちゃうぞ。笑



『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -』は無料版もあります。スマホでいつでもどこでも読むことができますよー。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




2 Responses to “メルカリのコメント欄で腹が立つ3つのこと。”

  1. はね より:

    殿様商売ですね。

コメントを残す

このページの先頭へ