誰のために何のためにWEBサイトを作るのか?

はじめまして!ついに「OFFICE SOME」という個人サイトが完成しました。これから当サイトと制作者のMasaru Somekawaをよろしくお願いします。さて、さっそくですが本題に入ろうと思います。WEBサイトを始める前に知っておくべきことを紹介します。

ホームページやブログを開設したばかりの頃は、気合いが入っているのでハイペースで更新を重ねる人が多いです。しかし、ネタ切れを起こすとたちまち更新が滞り、放置状態になってしまうことも珍しくありません。

それを避けるためには、「このサイトは何のために作るのか」「誰が何の目的でこのサイトを使うのか」を明確にしておくことが大切です。

■WEBサイトを作る目的を明確に

WEBサイトは、基本的に自分が作りたいものを作るというより、ユーザーがどんなサイトを求めているかを意識して作るべきです。

・このサイトは何の役に立つのか?
・最終的な目標は?
・WEBサイトでなければいけない理由は?
・ユーザーの年齢層や性別は?デバイスは?
・必要な機能は?
・WEBサイトのデザインは?
・コンテンツの内容は?

これらを意識してWEBサイトを作ることによって、ユーザーが求めているコンテンツを提供することができます。

■OFFICE SOMEの目的は?

OFFICE SOMEを立ち上げた目的を紹介したいと思います。私は、これまでに数多くのサイトやブログを立ち上げていて、今でも更新を定期的に続けているものがいくつもあります。

けれども、個人的なことを書いているWEBサイトはひとつも持っておらず、それどころかTwitterやFacebookなどのSNSも私的利用しているものがありません。(SEO対策として少しだけGoogle+を楽しんだ時期があるくらいです。)

個人的なことを書かない理由は、私の個人的な情報や考えなどを発信したところで何の役にも立たないと思っていたからです。しかし、WEB制作をやっているにも関わらず、個人サイトを持っていないのはWEB制作者としていかがなものかと思い、OFFICE SOMEを制作することを決めました。

この一年間で自分にできることが増え、2015年はさらに活動の幅が広がると思うので、少しずつパーソナルな情報も発信していかなければいけないと感じております。だから、このサイトを通じて、自分の周りの人に私の活動を少しでも知ってもらえれば幸いです。

■終わりに

WEBサイトを始める前に「このサイトは何のために作るのか」「誰が何の目的でこのサイトを使うのか」を明確にしておけば、何を書けばいいのかわからない、書きたいことが見つからないというトラブルを避けることができるでしょう。OFFICE SOMEは、半ば自分のために作ったといっても過言ではありません。マーケティングをして、求められている情報を発信していきます。

関連記事

  1. サテライトサイト量産を推奨するようなSEO会社がまだあるのか…。

  2. 値下げ交渉には応じるな!最近のメルカリは売れなくなったのか?

  3. メルカリでは顧客を選べ!不快な取引を未然に防ぐ有効な方法。

  4. 楽天マガジンで変わった雑誌ライフとインプットの質。

  5. 楽天マガジンのメリット!隙間の時間を活用して情報収集。

  6. メルカリのコメント欄で腹が立つ3つのこと。

  7. AKB48の新曲「ハロウィン・ナイト」の発売日はどうして夏なのか?というテーマでブログ運営論に触れる…

  8. 300円の利益をどう思う?フリマアプリを使った副業の考え方。

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP