300円の利益をどう思う?フリマアプリを使った副業の考え方。


【スポンサーリンク】



最近、副収入が欲しいという人が増えています。僕の周りも例外ではありません。

副収入を得るために何をすればいいのか?と難しく考えている人が多いのですが、それほど難しく考える必要はないと思います。

なぜなら、休日に日雇いのアルバイトでもすれば、簡単に副収入を得ることはできますよ。でも、きっとそういう問題じゃないんですよね?

フリマアプリ「メルカリ」

ちょっとした空き時間を利用して、インターネットで稼ぎたいという人が増えている印象です。特に、話題のフリマアプリを利用すれば、誰でも簡単にものを売ることができます。

今日はフリマアプリを使った副業の考え方の話です。

塵も積もれば山となる


みなさま、突然ですけど利益300円をどう思いますか?

たった300円か…」と考える人もいれば、「300円でも塵も積もれば山となる」と考える人もいるでしょう。

これは、ひと月にいくら稼ぎたいかという目標によっても大きく変わってくると思います。

例えば、ひと月に1万円稼ぎたい場合、利益300円の商品を毎日たった1つでも売れば、その目標はおおよそ達成できます。毎日3つ売ることができれば、約3万円近い収入になるのです。

そう考えると、利益300円もバカにできませんよね?

もちろん数万円、数千円の利益が出るものをバンバン売るのが理想です。でも、数百円の利益にしかならない商品を毎日売り続けることも大事だと僕は考えています。

正直、メルカリなどのフリマアプリを利用すれば、毎日数百円の利益を出すことはそう難しいことではありません。良い商材さえ見つけることができれば、割と簡単にネットを使って稼ぐことができますよ。

何が売れるのかを知るためには?


では、数百円の利益を出す商品とはどんなものでしょうか?

何が売れてどれくらいの利益が出るのかを学ぶのは、やはり実践が一番です。まず自宅にある不要なものをフリマアプリを使って売ってみましょう。

近頃、僕は「メルカリ」を利用しています。通算2000万ダウンロードを記録した人気サービスで、出品したものが飛ぶように売れていきます。

数百円の利益を出す具体的な商品としては、ブックオフで仕入れた100円の本やCDです。とりあえず、売れそうな本やCDを買ってきて500〜600円くらいで出品してみましょう。

売れたら販売手数料や送料を差し引いても手元に数百円の利益が残ると思います。

どんな本が売れるのか、誰のCDが高く売れるのか、自分でマーケットの感覚をつかめれば、ネットで副収入を確実に得ることができるようになりますよ。

終わりに


ただ、数百円の利益を出す商品に時間をかけてはいけません!パッと仕入れて、手間をかけずに売る。そして、梱包になるべく時間がかからないものが理想。

メルカリは、オークションに比べて出品や発送に手間がかからないのでおすすめです。らくらくメルカリ便は宛名を書く必要がないのでとても便利。

【メルカリ】らくらくメルカリ便って? – NAVER まとめ

フリマアプリの台頭で副収入を得るのはより簡単になったと僕は思います。

もし、これからメルカリに登録される方がいらっしゃいましたら、よろしければ私の招待コード「wWW531」を使って下さい。あなたとわたしに300ポイントが入ります。

よろしくお願いします。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ