ブログの世界の現状。毎月5万PVで上位1割に入れる。


【スポンサーリンク】



最近、ブログの企画や提案をする機会が増えています。クライアントが伝えたい情報をいかに発信していくか、アクセス数を確保し、どうやって収益化を図るかをアドバイスしています。

何かを伝えるときにWEBを使うことが前提になっている社会なので、ブログの需要はまだまだあります。Twitterには140文字という制限があり、Facebookで長文を投稿しても敬遠されてしまう可能性が高いです。そのため、情報を発信するツールとしてブログは最適なのかもしれません。

しかし、ブログの更新は長続きしない場合が多いです。ブログを書く以上、たくさんの人に見てもらいたいと思います。そうなると、アクセス数がやはり気になるものです。けど、このアクセス数を過度に意識してしまうと確実に長続きしないでしょう。

■7割以上のブログは1日の平均アクセス数が49以下

ホームページやブログを始めたからといって、すぐにたくさんの人が読みに来てくれることはありません。無料ブログサービスの場合は、書けば多少のアクセスがありますが、付属しているアクセスカウンターは実際の5倍から10倍くらいのPV(ページビュー)を示すことが多いので参考にならないのです。

正確な数値を知るためには、自分でサーバーをレンタルしてホームページやブログを運営して、信頼できるGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を設置するなどの方法があります。

個人ブログの世界は非常にシビアです。7割以上のブログは1日の平均アクセス数が49以下というのが現状で、1日の平均アクセス数が50を超えると上位の3割に入ることができます。

月に5万PVを超えるブログは全体のわずか9%しかありません。個人ブログで稼ぐという世界では1日1万PVが成功のラインと言われているので、初心者からすると果てしなく遠い世界に思えるでしょう。

でも、ブログは毎日書き続けることさえできれば、自然と人気を集めていきます。最初は、アクセス数を気にせずに更新していくことが大切なのです。

ブログに関する調査。7割以上のブログは1日の平均アクセス数が50以下、週に1回以上更新を行なうブログは6割以上。(リサーチバンク)
ブログの世界的な平均アクセス数をグラフ化してみる(ガベージニュース)

■コンテンツの質を高めれば自然と人気になる

この世には、1日のアクセス数が1万を超えるブログがあります。例えば、有名人のオフィシャルブログです。これは知名度が高い人が情報を発信するため必然的にアクセスが集まります。

一方で、有名人のブログのコンテンツの質が高いわけではありません。「どこで誰々とご飯を食べた」「○○という番組に出演するので見て下さい」など、その有名人のファン以外にとってはあまり有益な情報ではないですよね。一般人が有名人と同じようなスタンスで情報を発信して、アクセスが集まらないと嘆いてもそれは当たり前のことなのです。

では、どうやったら普通の人間がアクセスが集めるブログを作れるのでしょうか?

答えはシンプルです。多くの人々に様々な有益な情報を発信することです。質の高いコンテンツが揃っているブログは自然と人気を集めることができます。

今の時代は、SNSによる口コミ力が非常に強いです。面白い情報や有益な情報は瞬く間に多くの人に届きます。また、自分のTwitterのフォロワー数やFacebookの友達の数などが多ければ多いほど、より多くの人に自分から情報を拡散することができます。

アクセス数を意識するよりも、有益なコンテンツを作ることに意識を集中させたほうがブログは成功します。

■終わりに

ブログの企画や提案をするということは、上位1割に導くことだと私は考えています。ブログが軌道に乗れば、日記のような記事でも十分にアクセスを集められるようになります。

ちなみに、この個人サイトは1日1万PVを目指して運営しています。ブログの世界はなかなか厳しいですが意外と面白いですよ。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ