値下げ交渉には応じるな!最近のメルカリは売れなくなったのか?

まだまだメルカリを使って不要品を処分しています。かれこれ一年くらいになるでしょうか。

ここ数年は必要最低限のモノしか購入していないので「四半世紀の間にどんだけ無駄なモノを買ったんだよ」と自分に呆れています。

さて、最近のメルカリは「なかなか売れない」とか「さっぱり売れなくなった」という意見があるようです。

確かに、出品してすぐに売れてしまう、というようなかつての勢いはなくなったと思います。

ただ、それ以上に気になることが…。

値下げ交渉にうんざり

メルカリのキャプ

個人的に、最近のメルカリは「値下げ交渉」がひどいという印象です。

出品したばかりの商品に対して「コメント失礼します。値下げできますか?」というコメントがよくきます。

こういう輩は、とりあえず値下げ交渉しといて大幅に値下げしてくれたら購入を検討しようといったスタンス。

だから、「出品したばかりですので」「多少の値下げであれば検討します」といったコメントを返しても概ねスルーされます。

まったく失礼な!時間の無駄です。その場合は数日後にブロックします。失礼な人間とは取引したくありません!

私は、市場価格を調べた上で出品しています。基本的に値下げ交渉は対応しません!

正直、メルカリの値下げ交渉にうんざりしています。最近は値下げ交渉に対応するのをやめました。

【参考記事】メルカリの出品者が「値下げできますか?」という質問を嫌う理由。

値下げ交渉に対応しなくても売れる

ちょっと前まで「値下げできますか?」や「値下げ可能ですか?」といった質問は労力を無駄にしたくないのでスルーもしくは削除で対応していました。

でも、最近は「申し訳ございません。値下げ不可です」とひと言コメントを返すようにしています。

なぜか?

本当にその商品が欲しければ、最終的にはそのままの値段で購入してくれるからです。

やっぱりスルーされたり、削除されたりしたユーザーからモノを購入したいとは思いません!なので、ひと言ですが、コメントを返しています。

ブロックは可能性を自らゼロにする行為。基本的にはしませんが、私はひとつだけ明確な基準を儲けています。

評価に「悪い」が複数ついているユーザーは例外なくブロック対象。これは未然にトラブル発生を防ぐため。

だいたい失礼なコメントを残したり、非常識な値下げ交渉をしたりしてくるユーザーには複数悪いの評価がついていることが多いので注意しましょう!

【参考記事】メルカリのコメント欄で腹が立つ3つのこと。

最後に

メルカリは値下げをすれば、今でも十分に売れる市場だと思います。

このような広告の打ち方が誤解を招いているのでしょう。メルカリなら安く買えて当たり前、値下げ交渉をすれば安くなる、といったメンタルなので、少々売れづらくなっているのかもしれません!

個人的には、売れなくなったというよりは値下げしてまで売りたくなくなったという感じです。

良いモノを適正な価格で販売していれば、必ず売れます。

むやみに値下げ交渉に応じる必要はありません!出品者にとってメリットがあまりにも少なすぎると思いませんか?

関連記事

  1. あらゆるモノがインターネットでつながる時代だけれども、完全に生活に根づいているわけではない。

  2. 日々の情報をブログにまとめて資産構築。貴重な収入源につなげる。

  3. ブログに必要なのは読みやすい文章。一文がダラダラ長いと読む気がなくなる。

  4. ブログは簡単な資産形成?大学生のときに始めておけばよかったな、という話。

  5. シェアの発想が新しいビジネスを生む。

  6. 楽天マガジンのメリット!隙間の時間を活用して情報収集。

  7. 副業で注目されているネットビジネスは本当に稼げるのか?

  8. 個人メディアで主観を抑える必要はない。キャラがモノをいう世界。

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP