ブログに必要なのは読みやすい文章。一文がダラダラ長いと読む気がなくなる。


【スポンサーリンク】



ブログに文章力はあまり必要ありません

何よりも内容が大事です。文章力よりも書き手が物事をどう捉えたか、新たなに何を発見したか、ということに尽きます。しかし、あまりにも読みづらい文章だと、内容が良くても読み手に読んでもらえません。

では、読みづらい文章とは、どのような文章を指すのでしょうか?私が添削をしていて、一番気になることを書きたいと思います。

一文がダラダラと長すぎる

情報を正確に伝えよう、読み手を説得しようとすると、やたらと文章が長くなりがちです。かえって余計な情報や説明があって、要点がどこなのかがわかりづらくなってしまいます。

また、一文がダラダラと長くなると、主語と述語が対応しなくなります。これは致命的です。

「私は昨日、走った」


主語が「私は」で述語が「走った」であることがはっきりわかります。

「私は昨日、走っている途中、急にお腹が痛くなったのでコンビニに寄り、トイレを借りようと思ったのだが、すでに先客がいて仕方なく雑誌を読みながら気を紛らわそうと思い、手に取った雑誌があまりにも面白かったのでお腹の痛みを忘れてしまった」


この文全体の主語は「私は」ですが、述語はどこの部分と結びつくのかはっきりしません。それだけではなく、走った話なのか、お腹が痛くなった話なのか、トイレが借りられなかった話なのか、最終的にお腹の痛みを忘れた話なのか、要点がわからずモヤモヤします。

このように主語と述語が対応していないと、解読が難しくなり読み進めにくくなります。

一文を短くしてテンポをよく

主語が変わってしまいそうになったら、文章をそこで切ります。文章を書くときは、主語にあたるものは何か、それに対応する述語は何かを意識することが重要です。

「私は昨日、走っていた。途中で急にお腹が痛くなったのでコンビニに寄った。トイレを借りようと思ったけど、すでに先客がいた。仕方なく雑誌を読みながら気を紛らわすことにした。だが、雑誌の内容があまりにも面白かったのでお腹の痛みを忘れてしまった」


これは、かなり極端な例なのですが、一文をかなり短くしました。例文の内容は面白くないですけど、最初の文章より伝わりやすくなったと思いませんか?

一文を短くすることでテンポもよくなるので、読み進めやすくなります。「○○が××した」というできるだけ文章をシンプルな構造にするのが基本です。

話にも共通して言えること

文章は一文を短くすることが基本です。

これは、話にも共通して言えることだと思います。ダラダラと長い話は、要点が絞れていないので結局何が言いたいのかよくわかりません。逆に、要点だけをズバッと伝えるだけの人の話はシンプルでわかりやすいです。

読みやすい文章を書く能力を鍛えるということは、伝える能力を鍛えることにもつながると思います。

うまい文章を書こうと、肩に力を入れば入れるほど読みづらい文章になります。ブログでは、うまい文章を書こうとせず、読みやすい文章を書くことを意識することが大切です。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ