ブログの書き方のコツ。1記事にテーマはひとつだけにすること。


【スポンサーリンク】



主語の多い文章は、リズムが悪くて読みづらいです。それだけでなく、何を一番伝えたいのかわからなくなります。わかりやすく伝えるためには、できるだけ一文を短くすることです。

私自身も、できるだけ一文は一行で終わらせるように心がけています。他にも、ブログを書くときに気をつけていることがあります。

テーマをひとつに絞る

主語が明確でないと、何を伝えたいのかがわかりません。同様に、テーマも明確でないと、何を伝えたいのかがわかりづらいです。

「バーベキューに新聞紙は欠かせません。火を起こすときにも使えるし、ものを包むときにも使えます。でも、やっぱり着火剤があると便利です。炭火で焼いた肉はたまりません。奮発して買った肉は美味しかったです。」


話の内容がどんどん変わってしまう文章があります。バーベキューに必要な持ち物の話だと思って読んでいたら、いつの間にか肉の味の話に変わっていた。これでは読む人が混乱してしまいます。

例の場合は、「バーベキューに必要な持ち物とあると便利なもの」というテーマと「炭火で焼いた肉が美味しかった」というテーマに分けて記事を書くべきです。前者は情報、後者は感想となり、果たす役目がそれぞれ異なります。

1記事のテーマはひとつだけにすることを心がけると、伝えたいことも明確になります。

記事のテーマを決めると書きやすい

文章を書くときは、主語は何か、テーマは何かを意識することです

主語やテーマを明確にすることで、読み手に文章の意味がわかりやすくなるだけでなく、自分自身も文章が書きやすくなります。

どこに視点を置くのか、何を伝えたいのか、それらが明確になるからです。何を主語や主題にして文章をまとめるか。ここから考えると、文章は格段に書きやすくなるはずです。

情報を多く盛り込もうとすると、テーマがブレてしまいがちです。内容を誤って理解されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

ブログの書き方のコツ。

ブログを書くときは、テーマを明確にして曖昧さをなくすことが大切です。

これも添削をやっていて気づいたことです。Twitterの話かと思いきや途中で断捨離の話に変わっていたりします。ブログを始めたばかりなので仕方がないんですけどね。

私も始めたばかりの頃は、どうしようもないくらい恥ずかしい文章を書いていたのでしょう。ブログの書き方のコツについては今後もポストしていきます。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ