現代社会で求められるライティングスキルの磨き方。


【スポンサーリンク】



ブログを運営したり、WEBビジネスをやっていく上で欠かせないのがライティングスキルです

ライティングスキルが決定的に足りないと、ブログの運営やWEBビジネスを続けていくのは難しい。

現代社会において必要なライティングスキルとは?

でも、最初から「上手な文章」や「面白い文章」を書こうとする必要はありません。ライティングスキルは、継続的に文章を書いていれば少しずつ向上していくのものです。

まずは、あれこれと悩まずに数をこなすことが何よりも大事です。

決まりはない

文章には「このように書かなければならない」という決まりはありません。個人のブログであれば尚更です。

表現の自由が保障されているわけですから、書きたいように書けばいいのです。人を不快にさせるような表現は論外ですけど。

文章に求められているのは、「読みやすさ」と「わかりやすさ」であり、決まりではありません

それらを念頭において、ひたすら数をこなせば、すぐにライティングスキルは身につきます。

実際、私もWEBビジネスを始めた頃は、文章を書くことがあまり得意ではありませんでした。けど、数をこなすことによりマシになりました。一日に1000文字以上は確実に書き続けましたからね。

文章のわかりやすさとは?

文章の読みやすさについては過去にまとめました。

ブログに必要なのは読みやすい文章。一文がダラダラ長いと読む気がなくなる。

簡単に言ってしまえば、文章のわかりやすさとは、読み手に対する気づかいができているかどうかです。

一回読むだけで要点が伝わるようになっているか、難しい言葉や専門的な表現を使わずに説明できているか、スムーズに読み進められるような工夫ができているかなど。

文章のわかりやすさは、ブログやWEBビジネスだけでなく、論文や報告書、メール、SNSの投稿など、すべてにおいて必要です。

だから、日頃から読み手のことを意識して文章を書いていれば、ライティングスキルは自然に向上します。

現代社会において必要なスキル

スマホが普及し、SNSが発達したことで文章を書く機会は増えています。それに伴い、短い文章で内容をうまく伝えるスキルを求められるようになりました。

Twitterの場合は、140文字以内で伝えたい内容を要約しなければなりません。うまく要約ができていないと、何が言いたいのかわからない文章になってしまいます。

Facebookの場合は、読み手に対する気づかいが足りないと、周りの人を不愉快にさせてしまうことがあります。同じ文章を読んでも人によって捉え方が違うからです。

このように、ちょっとした文章でも読み手に対する気づかいは必要なのです。

そう考えると、ライティングスキルは、現代社会を上手に生き抜く上で欠かすことのできない能力なのかもしれません。

ブログに必要なわかりやすい文章力

ブログやWEBビジネスを始めると、自分のライティングスキルの無さに嫌気を感じたり、面白い文章が書けないと悩みがちです。

私も経験しています。でも、大丈夫です。今では、月間10万人以上が訪れるサイトを運営しているわけですから。続けているうちに、ライティングスキルも自然に身につきました。

嘆いていてもライティングスキルは磨けません。書き続けることが大切です。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ