WEB制作を独学で習得して気づいたこと。人間わからなくてもやってみればなんとかなるもの。


【スポンサーリンク】



私は、WEB制作をやっています。業務内容が多岐にわたるため、なかなか大変なこともあります。

現在、友人がWEB制作のスキルを学んでいるのですが、難しいことばかりだと嘆いていました。

でも、人間やってみればなんとかなるものです。

最初はできなくて当たり前

今では、簡単にWEBサイトを制作することができますけれど、もともとパソコンやインターネットに詳しかったわけではありません

サーバーをレンタルしたり、ドメインを取得したり、HTMLやCSS、WordPressなどのCMSのカスタマイズやFFFTPの使い方など、WEB関連のスキルを独学で習得しました。

何もわからなかったので教材を読み、作業をひとつひとつこなしていました。そしたら、いつの間にかできることが増えていたという感じです。

スキルを習得する過程で、サイトのカスタマイズがうまくいかなかったり、ブログにまったくアクセスが全然こなかったり、コンテンツを作るアイデアが思い浮かばなかったりなど、様々な困難にぶつかりました。

でも、私は途中で投げ出しませんでした。いくつもの困難を乗り越えられたからこそ、現在があるのだと思っています。

最初は何事もできなくて当たり前。あきらめないで続けることが大事です。

様々な知識が必要

WEBサイトを制作し、運営していく中で気づいたことがあります。

WEB制作に必要なスキルや知識は非常に多いということです。本当に様々な分野の本を読んで勉強しました。学生時代にもっと色々と勉強しておけばよかったと後悔したほどです。

WEBサイトを立ち上げて、コンテンツをつくり、情報を発信しただけでは効果的に運営することができません。

SNSを活用して宣伝したり、SEO対策をして検索エンジンから集客したり、読みやすい文章の書き方や読み手の心理を揺さぶるコンテンツの作り方を学ばないと、たくさんの人にも見てもらえないのです。

ライティングスキル、マーケティングスキル、デザイン、経営学、心理学など、WEB制作には総合的なスキルや知識が必要なことがわかりました。

とにかく学ぶことが多くて大変です。副業でWEBビジネスに参入しても、大半の人が稼げないうちに離れていくという理由がよくわかりました。

最も大切な問題解決能力

そして、私がWeb制作を続けてきた中で、何よりも必要だと実感したのが問題解決能力です。

最初は、わからないことばかりなので毎日のように問題が発生しました。専門用語がたくさん出てくるわ、ソフトは思うように使いこなせないわ、膨大な時間をかけて作ったサイトが突然真っ白になるわ、で本当に大変でした。

ストレスの耐性や対処の仕方は、この時期にかなり身につけられた気がします。

私は人に聞くより、自分で調べて問題を解決するほうが向いているため、とにかくインターネットにはお世話になりっ放しです。

トライアンドエラーを繰り返し、より良い方法を導き出し、問題を解決できた経験は自信につながります。自分の血となり肉となるのです。

WEB制作の勉強をする上で問題解決能力は欠かせません。

WEB制作を独学して気づいたこと。

そんなわけで、WEB制作を独学してみて気づいたことを書きました。最初は、わからないことばかりで本当に苦労しましたね。

でも、人間やってみれば本当になんとかなるものです。実際、自分が教える立場になっているわけですからね。

WEB制作を学ぶときは、途中で投げ出さない姿勢を大事にすることです。スキルや知識は後からついてきます。

勉強の仕方を丁寧に書いている人もいますけど、私は手や頭を動かし続けることのほうが重要だと思います。

【スポンサーリンク】



【関連記事】




コメントを残す

このページの先頭へ